Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41prk9iwxpl

9・11以降の、"テロとの戦い"は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた... 続き

コメント

とにかくすき
思考をぐるぐる乱される感じがしてとてもよかった
伊藤計劃さんの言葉選びがとてもすき
哲学的だけど、それにしては読みやすいと思う

その他のコメント

なんでこんなに好きなのかうまく説明ができない。

描き出されるリアリティに満ちた世界観の中で、本当に起こり得るかもしれない悲惨で人間臭い世界があって。

言葉ってものと、そのシニフィエを疑わなきゃダメだっていう結構当たり前なことをいつも思い出す。

SF好きじゃなくても読むべきイチオシの日本小説。

若くして亡くなった鬼才「伊藤計劃」の代表作。ジャンルはSFになるのだけど、そのリアルな描写・設定や、ミステリーと言ってもよいほどの意外なラストに、SF好きじゃなくても大満足。

【破壊・混沌】をテーマにした本作のあと、【癒し・救い】をテーマにした「ハーモニー」も抑えて欲しいです

読者

A17e4d54 a885 4074 9743 0c029bbc6aa05acb2393 5a07 4cea b472 39b5f31161a5440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85801f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a32671427dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbBd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449 92人

伊藤計劃の本