51otpm9xdxl

小さな岬の先端にある喫茶店。そこでは美味しいコーヒーとともに、お客さんの人生に寄り添う音楽を選曲してくれる。その店に引き寄せられるように集まる、心に傷を抱... 続き

コメント

その他のコメント

やさしい人達、おいしい珈琲、ちいさな奇跡。

人の優しさ、温もりをじんわりと感じることが出来る作品。
季節の移ろいを追いながら、人と人の縁を描く。
思わずほろりと涙してしまう素晴らしい本でした。

読者

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0909333400 a3e7 46e7 ba3a 5516511c5602Icon user placeholderB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584Icon user placeholder06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa64899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aa668fb9b0 11c1 4db3 8bd3 46808025df38 17人

森沢明夫の本

ヒカルの卵

ヒカルの卵

06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6

crfrally

soccer:futsal:En…

都会と田舎、どちらがよくて、どちらが悪いのではなくて、どちらにあるものが、自分にとってここちいいか 人は、その感覚を素直な心で感じ取って、あとは自由に選択して生きればいいのだ。 同感。 出てくる食べ物がいちいちうまそう。 居酒屋トミ子で俺も熱燗舐めながらふろふき大根食いて〜

1年前

B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f82434899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aa53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2
大事なことほど小声でささやく

大事なことほど小声でささやく

0882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e

ゆーらすん

1990 新潟 デジタル

最初は濃すぎるキャラ設定のくせして真面目な名言っていうギャップが違和感あった。しかし、ただ単純に名言を聞くよりも、登場人物の性格があってこその名言だったと思う。登場人物たちを応援したくなってきて自分にも元気をもらえる。

約2年前

Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180B27ce721 6f13 4432 9296 9cfa2cdbed0b9f64113e 97ce 4c93 a348 de5bf99ed31c 20
エミリの小さな包丁

エミリの小さな包丁

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

傷心を抱えて祖父の住む漁港のある町にたどり着いたエミリ。 投げやりになった彼女の心を癒すのは、祖父が地元の食材を使って手作りする毎日の食事。 この、食材を調理する、出来上がった料理を食べる、その描写がたまらない。 読んでいると頭の中にその光景が浮かび、お皿にのせた料理の香りまで想像できてお腹がリアルに空いてくる。 ストーリーはよくある設定なのに、祖父と孫娘が互いに甘え過ぎないのがいい。 まず食べて、笑って、人に依存しない自律した人間として生きることが大切なんだ。 あー毎日の食事はやっぱり一食一食丁寧に作ろう、と改めて感じた。

約2年前

Icon user placeholderE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1Icon user placeholder