61sgkzsgzxl

人気歌人にして、エッセイの名手・穂村弘の、もっともセンシティブな部分を収録したエッセイ集。自称“ふわふわ人間”穂村弘のあたふたっぷりに共感しつつ、その鋭い... 続き

コメント

すごい着眼点だなぁと思うけど自分も思い当たる節があって、頷いちゃう。みんな素通りすることを穂村さんは一つ一つ捉えている。ただの日常を追求している。
あと、私にとって穂村さんは「ベッドで菓子パンを食べる人」です。がんばれ、ほむほむ。

読者

F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a12e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a2352095ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fA647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d854014253d4 6080 4951 9119 24735184a696497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d33847a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 9人

穂村弘の本

41lpubfan2l
454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

akane

読んだ本の記録。

ほむほむの思考の内、恋に特化したものだけを覗けるエッセイ集。おもしろい。かなりマニアックで個人的な部分をついている。フィクションかノンフィクションかは分からないけれど、私だったら、ここまで他人に覗かれたら恥ずかしい。

2か月前

E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6060c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d 12
418nbes78%2bl
04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

フローリーディングで挑むも、もちろん短歌作品ではスローにならざるを得ない。022でも僕らは、「生きのびる」ために生きてきたわけじゃない。に収斂されている。短歌という爆弾。実は作者の短歌入門はこれ二冊目。消えていく生きた証を意識できるためのツールとしての短歌。

3か月前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5C02ce81c b5e7 435a 9b5d 2be879383570
41svcalvsjl
36e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b

ろっきん

素敵な本に巡り合えたら

夢の中の世界を感じましたが あんまりしっくりきませんでした。

4か月前

C217fe9d f8fa 4ff2 b1f9 c837e46200691699c5af 7c57 494e bd71 bf1d8e6792dfE9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837
41mfzhzvc1l
Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f

すずき

コーヒー中毒です。読むのは遅め。

スターバックスにまつわる短歌と話。コーヒーを飲むだけではない。様々な物語があっていい。

5か月前