61sgkzsgzxl

人気歌人にして、エッセイの名手・穂村弘の、もっともセンシティブな部分を収録したエッセイ集。自称“ふわふわ人間”穂村弘のあたふたっぷりに共感しつつ、その鋭い... 続き

コメント

すごい着眼点だなぁと思うけど自分も思い当たる節があって、頷いちゃう。みんな素通りすることを穂村さんは一つ一つ捉えている。ただの日常を追求している。
あと、私にとって穂村さんは「ベッドで菓子パンを食べる人」です。がんばれ、ほむほむ。

読者

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a12e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a2352095ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fA647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d854014253d4 6080 4951 9119 24735184a696497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338 10人

穂村弘の本

これから泳ぎにいきませんか: 穂村弘の書評集

これから泳ぎにいきませんか: 穂村弘の書評集

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

穂村弘さんの書評集。週刊文春で月に1回載っている穂村さんの書評を何回か読んだことがあり、この本も面白いだろうなと。僕は前のめりな気分でこの本を読みました。書評が曲芸的で、展開が全然予想できない。「この説明だから、こういう結末になるんだろうな」とか考えて読んでいる余裕がない。どこにたどり着くのかわからないスリリングな感じ。最後まで穂村さんに主導権を握られているな、という気分にも。色々書きましたが難しい本ではないと思います。読みやすい。けれどもこの本は読みごたえも内容もかなり凄いのではないかと。

約2か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F7386da8 ed29 45ff a6ae 281069072763A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 12
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

6か月前

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589 8