51sdaid1xql

演劇祭の舞台装置を描くため、高校美術部の先輩、香澄の家での夏合宿に誘われた毬子。憧れの香澄と芳野からの申し出に有頂天になるが、それもつかの間だった。その家... 続き

コメント

著者の他の作品と比べると壮大さに欠けるものの、話のテンポの良さ、読みやすさ、登場人物の表現の豊かさは健在。高校生たちが夏休みに過去の記憶を遡りながら、自分たちやお互いについて知っていく話。

心理描写が素晴らしかったです。

読者

4746975d 2d97 4567 bb56 d3f5f4939d534ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9eF9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af14dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9282d89ad 5453 4423 8c6c 7a633df10dbcA667dd3d 68d3 47b4 9bee 01f28918a81bIcon user placeholderF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 26人

恩田陸の本

錆びた太陽

錆びた太陽

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

ちょっと無茶な設定なのに、ユーモアがあってすごい面白かったけど、 なんとなく最後が。。

約2か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4Icon user placeholder
木曜組曲:

木曜組曲:

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりた…

2時間ほどで一気に読んでしまった。現実と非現実の匙加減が絶妙で、読後感が案外爽やか。面白かったです

3か月前

Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa