51sdaid1xql

発行元から

演劇祭の舞台装置を描くため、高校美術部の先輩、香澄の家での夏合宿に誘われた毬子。憧れの香澄と芳野からの申し出に有頂天になるが、それもつかの間だった。その家ではかつて不幸な事件があった。何か秘密を共有しているようなふたりに、毬子はだんだんと疑心暗鬼になっていく。そして忘れたはずの、あの夏の記憶がよみがえる。少女時代の残酷なほどのはかなさ、美しさを克明に描き出す。

恩田陸の本

錆びた太陽

錆びた太陽

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

ちょっと無茶な設定なのに、ユーモアがあってすごい面白かったけど、 なんとなく最後が。。

約2か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4Icon user placeholder
木曜組曲:

木曜組曲:

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりた…

2時間ほどで一気に読んでしまった。現実と非現実の匙加減が絶妙で、読後感が案外爽やか。面白かったです

3か月前

Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa