51sdaid1xql

演劇祭の舞台装置を描くため、高校美術部の先輩、香澄の家での夏合宿に誘われた毬子。憧れの香澄と芳野からの申し出に有頂天になるが、それもつかの間だった。その家... 続き

コメント

著者の他の作品と比べると壮大さに欠けるものの、話のテンポの良さ、読みやすさ、登場人物の表現の豊かさは健在。高校生たちが夏休みに過去の記憶を遡りながら、自分たちやお互いについて知っていく話。

その他のコメント

恩田さんの描くこういう女の子達がとても好き。
舞台背景を作るためのささやかな夏合宿で、過去の事件が浮かび上がってくる。

読者

4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e4746975d 2d97 4567 bb56 d3f5f4939d53F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af14dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9282d89ad 5453 4423 8c6c 7a633df10dbcA667dd3d 68d3 47b4 9bee 01f28918a81bIcon user placeholderF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 26人

恩田陸の本

祝祭と予感

祝祭と予感

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

「蜜蜂と遠雷」の映画を見た帰りに、本屋で見かけて、即読了。続きが読みたいと思わせるスピンオフ。この本が第二章のプロローグであることを切に願わずにいられない。

5日前

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eIcon user placeholderAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd
蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

ピアノのコンクールに出場する天才たちのお話 いい音楽って何なんだろうか 音楽を愛するひとの永遠のテーマ 音の描写を読みながら、音を想像する 美しい音の流れが、新たな世界の扉を開く それぞれのコンテスタントの世界が あまりに輝いているので 結果なんかどうでもいいから その音楽を聴かせてほしい そんな気持ちになってしまうお話です(^^)

7日前

D4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aefAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd9 45