51bbyhyex7l

堂島川と土佐堀川が合流し、安治川と名を変えていく一角、まだ焼跡の名残りを伝えていた、昭和30年の大阪の街を舞台に、河畔に住む少年と、川に浮かぶ廓舟で育つ姉... 続き

コメント

全体的に灰色がかった作品。
思春期の僕は運が良かったと思う。

死と生。

うーん感情が生まれました

読者

2fa1efe5 87b1 4175 b32f e1eaddd2c33c

宮本輝の本

螢川

螢川

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

p178 ひょっとしたら宮本輝は人間の生よりも死につよくひかれているのではないか。というよりは、生きの人の世をえがくのに、死がいつも裏打ちになっていてこそ当然だとする態度かと、その絵のありように感懐をおぼえた。

7か月前

真夏の犬

真夏の犬

E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864

tana_aki

読むのは遅いけど本は好き。

内容としては、人間の裏の部分や不条理さを描いた作品が多く、たまにどんよりしちゃうけど、面白さで言うと凄く面白かったです。

約1年前