9784344428522

コメント

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました!
実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

ピアノのコンクールに出場する天才たちのお話
いい音楽って何なんだろうか
音楽を愛するひとの永遠のテーマ

音の描写を読みながら、音を想像する
美しい音の流れが、新たな世界の扉を開く

それぞれのコンテスタントの世界が
あまりに輝いているので
結果なんかどうでもいいから
その音楽を聴かせてほしい
そんな気持ちになってしまうお話です(^^)

読者

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718D4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aefAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd9A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa375427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e991a8acb9 3672 4697 a468 6566c4487a93Abb94028 9212 4607 aea4 ad17dfdbc81e 45人

恩田陸の本

祝祭と予感

祝祭と予感

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

「蜜蜂と遠雷」の映画を見た帰りに、本屋で見かけて、即読了。続きが読みたいと思わせるスピンオフ。この本が第二章のプロローグであることを切に願わずにいられない。

4日前

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eIcon user placeholderAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd
錆びた太陽

錆びた太陽

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

ちょっと無茶な設定なのに、ユーモアがあってすごい面白かったけど、 なんとなく最後が。。

3か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4Icon user placeholder