61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

本から音がこぼれてくる。あふれてくる。目の前に景色が広がる。すごい、の一言。久しぶりに夢中になった。

その他のコメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノを弾くかのごとくストーリーが流れ込んで来て、読むスピードが頭の中の映像に追いつかない感覚。文字を読み飛ばさないよう必死にしがみついてる感じで、気がつけば読み終えてた。ストーリーをそのまま文字にした感じがあって爽快。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder68b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9Icon user placeholder308b6dce 9db9 4f63 9406 3a03805980eaIcon user placeholderB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 460人

恩田陸の本

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

5日前

Icon user placeholder382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8Icon user placeholder
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

7日前

Icon user placeholder9534efea 5f58 4a6a 8c81 a144fedb68271b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c52