61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

直木賞・本屋大賞受賞作、遅ればせながら楽しく読了。
それにしても、この著者の本はいつも別の漫画を思い起こさせる。そのエッセンスというか。
そのために読んでいてそれらの作品のイメージが邪魔してしまう時があり残念。
コンクールで演奏されるピアノ曲一つ一つの視覚的なイメージの喚起力が素晴らしくて、本当に音楽を聞いたつもりになる。上手いなあ。
それにしても、バルトークの3番は本当に美しい。

その他のコメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノを弾くかのごとくストーリーが流れ込んで来て、読むスピードが頭の中の映像に追いつかない感覚。文字を読み飛ばさないよう必死にしがみついてる感じで、気がつけば読み終えてた。ストーリーをそのまま文字にした感じがあって爽快。

読者

Ea9d5273 f6f5 4f0e b666 e2dcf9d1dcbeBa88e191 b1aa 46b0 8c1c cadc18e61a58518b1300 aa7a 47da 9d4a ad3f15ac67ddIcon user placeholderF0481dd6 d29c 49a2 a268 34f849806988Ef93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070aeIcon user placeholder21d1582d 00a9 472b 8fef 4234d9656c62 446人

恩田陸の本

Q&A

Q&A

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba

mia

つぶやきは基本的に内容が\ナイヨ…

父が昔に買ってきて、実家本棚に眠ってた本。 オムニバス形式で、延々と対話をしていく。 一般的な小説のように登場人物の描写があるわけではないから、眠たくなることも所々あった。 区切まで読んだ後に、よく言葉にできない何かがでてくる。 ある意味ではとてもリアリティな一冊でした。

9日前

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd296afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
中庭の出来事

中庭の出来事

06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6

crfrally

soccer:futsal:En…

ちょっと難しい。何がどこの話しなのか想像できなかった。もう一度読めばわかりそうだがそれは苦痛。

2か月前

Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
象と耳鳴り―推理小説

象と耳鳴り―推理小説

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

短編なので空き時間に読みやすい。久しぶりに推理小説を読んだ。推理小説は独特の物語構造があって脳トレになる。気分転換におススメの一冊。

7か月前

2046c5c2 2ae9 427e 9fb0 6880f5d3254249c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86