Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

国際ピアノコンクールを題材とした小説。養蜂家の息子で世界中を転々としている天才少年、一度は表舞台から去った元天才少女、容姿・技術ともに優れスター性抜群の青年、普段はサラリーマンとして家庭を支える28歳の男性等、様々な参加者の視点で描かれる。
どのキャラクターも魅力的で読んでいるうちに、自然と彼らを応援しながら読んでしまった。また、ホフマン先生の推薦状の意味を考えながら読むのも楽しかった。自分自身は音楽は門外漢だが、楽しく読むことができた。

その他のコメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノ科の学生や、コンクールを受ける側の描写がとても細かくて、恩田陸さんって音大生だったのかな?コンクール受けたことがあるのかな?なんて思わせられるほどでした(わたしは元音大生andピアノコンクール経験者)。
昔ピアノを通して感じていた、とても大切な、心の根源を思い起こさせてもらいました。

読者

Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c0389a39171 8432 4fd5 8a97 7bf1cfdd9b50Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb23965810cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Icon user placeholder1bebebe0 cbba 419b ac32 6a248ada224eEba711c7 0bf3 471f 88fc 8473883b197f 321人

恩田陸の本

私と踊って

私と踊って

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

19の短編集。 表題作『私と踊って』が良かった。 19編のお話、私は図書館で借りたので1編だけ未読。さあ、いつ読めるかな。

3か月前

夜の底は柔らかな幻〈下〉

夜の底は柔らかな幻〈下〉

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

先に「終わりなき夜に生まれつく」を読んでいて良かったかも。普通に読むよりは面白い読み方が出来た。 ミステリーとはまた違った恩田ワールドは、「遠野物語」の頃よりパワーアップしていて、現実離れしたこれこそ小説の醍醐味だよねと思う。 ラストのもやもや感も恩田ワールドだったなぁと。

5か月前

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4B69a4a02 80f7 46c6 91dc 5f18242eca6c
夜の底は柔らかな幻 上

夜の底は柔らかな幻 上

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

先に「終わりなき夜に生まれつく」を読んでいて良かったかも。普通に読むよりは面白い読み方が出来た。 ミステリーとはまた違った恩田ワールドは、「遠野物語」の頃よりパワーアップしていて、現実離れしたこれこそ小説の醍醐味だよねと思う。

5か月前

D3cc07da 0f68 4277 a71e 0a5dcd0f4730579a43ba 1d10 4545 a210 310fda0aa26e54b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd17 9