61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

コンクールに臨むピアニスト達の、一喜一憂する気持ちの揺れ動きが非常にリアリティーを持って語られていた。

才能の塊のような人間
人一倍の努力で勝ち上がった人間
大きな挫折を持った人間
いろんな人間が集まり、1つの舞台上で競い合っている。
でも実際は、自分自身との闘いという真理がある。

コンテスタントが物語の中でひと回りもふた回りも成長する姿に感動した。

その他のコメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノを弾くかのごとくストーリーが流れ込んで来て、読むスピードが頭の中の映像に追いつかない感覚。文字を読み飛ばさないよう必死にしがみついてる感じで、気がつけば読み終えてた。ストーリーをそのまま文字にした感じがあって爽快。

読者

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder722c0bca 3b87 4156 94ec 10234f3745dd344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c2967245539a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f194914b67 7a67 47c2 a342 8f4efab80dedC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4d1c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea 560人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a

あやこうちゃ

読書は心の旅

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました! 実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

20日前

F6ce8cbd 7ea3 4a38 a61d e21fefccd250Ae690d6b 917b 49a0 a666 75d8f1d9a63dCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 10
劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

3か月前