61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

産休中に読んだ一冊。
課題曲を聴きながらじっくりと読み進めた。
この世界には素晴らしいことが沢山溢れているよ、楽しみね。と、お腹の子に語りかけた思い出。
読了後、すぐ産まれました。

その他のコメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノを弾くかのごとくストーリーが流れ込んで来て、読むスピードが頭の中の映像に追いつかない感覚。文字を読み飛ばさないよう必死にしがみついてる感じで、気がつけば読み終えてた。ストーリーをそのまま文字にした感じがあって爽快。

読者

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderEb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a8F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a50402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 601人

恩田陸の本

祝祭と予感

祝祭と予感

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

「蜜蜂と遠雷」の映画を見た帰りに、本屋で見かけて、即読了。続きが読みたいと思わせるスピンオフ。この本が第二章のプロローグであることを切に願わずにいられない。

5日前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eIcon user placeholder
蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

ピアノのコンクールに出場する天才たちのお話 いい音楽って何なんだろうか 音楽を愛するひとの永遠のテーマ 音の描写を読みながら、音を想像する 美しい音の流れが、新たな世界の扉を開く それぞれのコンテスタントの世界が あまりに輝いているので 結果なんかどうでもいいから その音楽を聴かせてほしい そんな気持ちになってしまうお話です(^^)

7日前

D4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aefAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd9 45