61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

改めて音楽の持つ力を感じさせてくれた本。一次予選の発表の時とか、ほんとにドキドキして、読むのを止められたなかった。文字で読むそれぞれのコンテスタントの演奏はどんななのだろうととても気になる。映画にならないかなぁ。聞いてみたいなぁ。

その他のコメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ここ最近で一番好きな作品。

ストーリーの展開や登場人物の心理描写も圧巻だが、「音楽」という壮大なテーマに対してここまで核心を突いた作品は今までなかったのではないかと思うほどでした。

ピアノやクラシックが好きな方はもちろん。音楽に興味がないという人も音楽に引き込まれるような素晴らしい一冊でした。

読者

5edb87fe 02f7 4498 bb7f ea3df10806d1Cdd2dc49 ec0b 472a bbcb 8a386805552f391ed77c 25f0 4a3e 84f7 0637becdf0bc5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16A39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e178090738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a213db63db3 4b72 4ff6 806c 5511e1b13550De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 610人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(下)

蜜蜂と遠雷(下)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

新婚旅行に持って行った一冊。 クラシックをよく知っていたら、もっとこの小説を楽しめるんだろうな。 感動は周りの人達を成長させる。人の心を動かす力はとても魅力的だ。 「人を感動させたい」=「人を成長させたい」でもあるのかなと物語を読んで見て思った。 求めていく気持ちをしっかりと自分の中で持っていること。とても大切なことのように思う。

7日前

4142f043 c5c3 49ef 8d26 aa53bb5517cb1f038acc bbec 43c9 b9cb 3522f6e76f4cB4f78cb3 4add 43a3 aa04 c1818cdf4b85 34
祝祭と予感

祝祭と予感

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

「蜜蜂と遠雷」の映画を見た帰りに、本屋で見かけて、即読了。続きが読みたいと思わせるスピンオフ。この本が第二章のプロローグであることを切に願わずにいられない。

約1か月前

Cdd2dc49 ec0b 472a bbcb 8a386805552fAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 11
蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

ピアノのコンクールに出場する天才たちのお話 いい音楽って何なんだろうか 音楽を愛するひとの永遠のテーマ 音の描写を読みながら、音を想像する 美しい音の流れが、新たな世界の扉を開く それぞれのコンテスタントの世界が あまりに輝いているので 結果なんかどうでもいいから その音楽を聴かせてほしい そんな気持ちになってしまうお話です(^^)

約1か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Icon user placeholderIcon user placeholder 62