41eopwfyzyl

次いで愛が口からこぼれようとし 最初に蜜のように垂れるとき それは蜜雪だ 口にすれば この大地の なんという狂喜よ わたしは新しい血が生きること書くこと... 続き

コメント

読者

77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746

文学

ザ・万遊記

ザ・万遊記

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

万城目氏の、「湯治と(サッカー)観戦」記、「建物探訪愛」記録、そして「北朝鮮観戦」思い出集。 小説と同じく、スペインサッカーのティキ・タカと同様にテンポよいエッセイ。

約13時間前