41eopwfyzyl

次いで愛が口からこぼれようとし 最初に蜜のように垂れるとき それは蜜雪だ 口にすれば この大地の なんという狂喜よ わたしは新しい血が生きること書くこと... 続き

コメント

読者

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

文学

カインの子どもたち

カインの子どもたち

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

序盤から中盤は退屈な気分になる。 内面描写への違和感? 中盤からラストまでは面白かった。 こう落ち着きそうかな、と感じた部分が 二転三転する辺りが。 今まで読んだ事のないテンポだと思う。 将来が楽しみな作家さんといった感じ。

約22時間前