41k ex3pbel

発行元から

秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった…。もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。

村上春樹の本

51gzbvmabql
931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

やはり村上春樹は短編がよいと思う。村上春樹復習中。

8日前

Fa6ff24a ba10 4987 927f 6aca724d7a197edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d5
41qpk2rjrll
568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea

cisumon

Wes Anderson すき

団長を読み終わった後に読むと、物語をまた振り返れるような気分になる。 男性達はどうしてこんなにも…と男の物語を感じる。 /夢というのは必要に応じて貸し借りできるものなんだよ、きっと。

9日前

F67b4b59 28d8 4095 aadc 201df9e1b21c3e5b6e4a faa3 40f0 bd2a a28d9e6cf60eB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 27