51k0zxyh7fl

コールハースは、微妙に選ばれた言葉をひとつひとつ重ね、自分の論理を構築していく。最初は無茶な論理に見えたことも、彼の一言一言を追ううちに、発想の転換を迫ら... 続き

コメント

ブックデザイン、内容とも刺激的。
コールハースの圧倒的なバイタリティに脱帽です。

読者

39d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f466

瀧口範子の本