Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
417qviewqxl

今の時代に、個人の小さな店が生き残るために必要なことは何か。京都の人気書店「恵文社一乗寺店」の店主が、京都の街で愛されるさまざまな個店を訪ねて、小さなお店... 続き

コメント

京都案内みたいな本。個人を出すこと、続けること、京都の文化や解釈の一つなんだろうか。

その他のコメント

個人店が存続し続けるためには「その街に」、「そのお店が」、あることの意味づけが大切。そこで初めて店の価値が生まれる。
京都市左京区、一度行きたいな。

明日、松江市のアルトスブックストアにて恵文社堀部さんのトークイベントがあるので、予習のために再読。京都のはじっこ、個人店に学ぶ、これからの商いのかたち。

読者

96b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261E8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b86f0ed77 c423 45f8 9da5 87fb47467e7a5cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc56ffcd42 fbaf 4818 b042 8811c3d2a7311112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d5 27人

堀部篤史の本

415 mty8%2bkl

本を開いて、あの頃へ 堀部篤史

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

恵文社一乗寺店店長堀部さんの本。 本屋の店長さんだけあって、読んでいる本が幅広い。 SNSで一言感想しか書いていない僕だけど、 堀部さんのようなちゃんとした書評のような、 「読んでみたいな」と思わせる文章を書いてみたいなぁ。

2年前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de539fe78b1 42a3 400d bfa8 5f21d59a91f35212519c 2948 490b 82be 2161ee48a1f9