41n9jozftcl

「物語というものは、どこからやって来るのか。あのとき見せられた美しく奇妙な世界は、いったい何だったのか。――なるほど、みんなここに書いてありました。」――... 続き

コメント

ショーン・タンが『アライバル』をどのようにして描いて行ったかがわかる本。スケッチや、シーンごとに考えていたことなどがわかり、面白い。移民について調べていって、移民した人に話を聞いて、長い年月をかけて生まれた絵本は、やはりそれだけの厚みがあるからこそ、世界中の人たちに賞賛されたのだなあと思う。

読者

Akiaivjyeuyp25rambwa014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

ショーン・タンの本

夏のルール

夏のルール

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

夏に覚えたルールを1ページ1ページ、淡々と語る。何があってそんなこと覚えた!?とびっくりするルールも沢山。「夏のさいごの一日を見のがさないこと。」とか素敵なものも。2017.1

約2年前

プリティ・モンスターズ

プリティ・モンスターズ

Ad3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc937383

nantran_

音楽と書店とインターネットがすき…

今後も身のまわりでは起きそうもない不可思議を読んだときに、実際に身のまわりで起こるあれこれが慰められることがあって、どの短編の非現実も目の前にはないけど知ってるやるせなさだ、読み返したい。

3年前