51ku2ewd9jl

馬糞の辻で行われる競べ牛を見に行った幼き日の親鸞。怪牛に突き殺されそうになった彼は、浄寛と名乗る河原の聖に助けられる。それ以後、彼はツブテの弥七や法螺房弁... 続き

コメント

完全なフィクションだと思いつつ、親鸞の人となりをしっかり感じることができる、さすが五木さんの小説です。

その他のコメント

親鸞が親鸞になってゆくまでの物語。自己の心中と仏法との間の矛盾に苦しみつつ一つ一つを選択してゆく様に時間を忘れて没頭した。

読者

7d2492f4 a143 4660 ba9c c305c24a242a5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c39286f117f03 9dd3 407e 83c0 76940e3420d0498a5a64 3d15 4461 9b73 b69aa581096582202e5f a02e 4c94 811e 5aaed0e29fce 8人

五木寛之の本

親鸞(下)

親鸞(下)

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

よくでき過ぎてて、将来親鸞の本当の人生と思われてしまうかも。面白かったです。

3か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928
知の休日―退屈な時間をどう遊ぶか

知の休日―退屈な時間をどう遊ぶか

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

ため息といき

本と映画と旅がすきです

「忙しいということは、大事なものをうしなうことなのかもしれない。退屈することは、その反対ではあるまいか」(p.198) 著者は退屈をポジティブに捉え、退屈をーふだん適当に見すごしている生活のディテールのなかにおもしろいことを見つけてー遊ぶことを提案する。 世界でただ一人の自己と向き合うことが、体や心がどのように他人と違うのか見極めることが、自分だけの遊び方を探す方法である、と。 目次を眺めると「○○と遊ぶ」という章が並んでいる。本と遊ぶ、アートと遊ぶ、車と遊ぶ、などは想像がつくが、体と遊ぶ、声と遊ぶ、靴と遊ぶ、夢と遊ぶ、なんて思ったことがなかった、しまいには、何とでも遊ぶ(!)、なんて章まである。 さらには、ちゃんと体を洗う、断食してみる、読めるけれども書けない漢字を10個リストアップして書けるようにする、生まれ年になにがありどんな人がいたかを調べる、などなど。 次の休日はなにをして過ごそうか、妄想が広がる一冊です。

約2年前