51tpizjyzql

親鸞は比叡山での命がけの修行にも悟りを得られず、六角堂へ百日参篭を決意する。そこで待っていたのは美しい謎の女人、紫野との出会いだった。彼が全てを捨て山をお... 続き

コメント

よくでき過ぎてて、将来親鸞の本当の人生と思われてしまうかも。面白かったです。

読者

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928498a5a64 3d15 4461 9b73 b69aa581096582202e5f a02e 4c94 811e 5aaed0e29fce 6人

五木寛之の本

知の休日―退屈な時間をどう遊ぶか

知の休日―退屈な時間をどう遊ぶか

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

ため息といき

本と映画と旅がすきです

「忙しいということは、大事なものをうしなうことなのかもしれない。退屈することは、その反対ではあるまいか」(p.198) 著者は退屈をポジティブに捉え、退屈をーふだん適当に見すごしている生活のディテールのなかにおもしろいことを見つけてー遊ぶことを提案する。 世界でただ一人の自己と向き合うことが、体や心がどのように他人と違うのか見極めることが、自分だけの遊び方を探す方法である、と。 目次を眺めると「○○と遊ぶ」という章が並んでいる。本と遊ぶ、アートと遊ぶ、車と遊ぶ、などは想像がつくが、体と遊ぶ、声と遊ぶ、靴と遊ぶ、夢と遊ぶ、なんて思ったことがなかった、しまいには、何とでも遊ぶ(!)、なんて章まである。 さらには、ちゃんと体を洗う、断食してみる、読めるけれども書けない漢字を10個リストアップして書けるようにする、生まれ年になにがありどんな人がいたかを調べる、などなど。 次の休日はなにをして過ごそうか、妄想が広がる一冊です。

約2年前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

約2年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10