51mpn8hvljl

アイデアの種は、あなたの日常の「小さな違和感」に隠れている—— “「見落としていたものに気づく」ということ自体は、何に着目すべきかという問題設定が適切に... 続き

コメント

「観察の練習」とは、日常生活でのちょっとした気づき(スマホで写真撮る)を、そこで止まらず理解へまでつなげる(言語化する)思考のクセをつける(→アイデアの種になる)のレッスンのこと。移動中とか、通勤電車で読むと良さそう。装丁・造本の仕掛けも素晴らしい。

ページの左側の写真を見て、違和感を感じ、回答は次のページの右側に書いてある。文字通り、観察する力を練習する。「ほー」とか「へー」とか言いながらページをめくって下さい。案外楽しかったです。

小さな違和感をアイデアまで育てる方法。種明かしするまでの仕組みが面白い。

読者

F2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b7Ad3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc9373835faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6Fa912383 d72e 48ea b0ad 6d9c5e5c80bd8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544217d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 43人

菅俊一の本