51kqy2yghrl

コメント

いやはや凄い人がいたもんだ、というのが率直な感想。医学がまだおまじないとどっこいどっこい、むしろ体に悪い~体液のバランスを直すと言って病人の血を抜いたりかん腸したり、悪いところはちょん切っちゃうだけ~の18世紀にあって人体や生物の構造を正しく理解し本当の治療を行うためには何が有効なのか、をひたむきに追求した男の生涯。人体のことを詳しく知るために数限りない解剖を行う。そのために墓泥防と結託して違法に死体を入手したり動物実験で生体解剖を行ったり...と負の側面はもちろんあるのだけどそれらを差し引いても医学の発展に尽くした主人公が今ひとつ世に知られていないのは粗野な物言いが嫌われたり、嫉妬されたために業績を消されたりネガティブ・キャンペーンを張られたりした結果だという。あとは弟子のジェンナーが成し遂げた「天然痘撲滅」みたいな大向こうを唸らせる発見がなかったからかな、とも思う。しかし人間のみならず動物や昆虫も解剖し生物は複雑さの差はあるものの基本的な構造は同じ、ということを発見し進化論の先駆けとなるような思想に行き着いたりアダムとイブは黒人であったに違いない(故に神も黒人だったはず)という人類発祥の学説にまで行き着いたり、と明らかに時代の先端を行き過ぎた感がある。また、妬みと嫉妬で結果として矮小な人間と歴史に名を残した人達の哀れさは...他山の石とすべきかな。非常に面白い作品でした。

これほど奇想天外な解剖医・外科医が実際していたとは。最期まで既存の枠に収まらず学界と社会を振り回しながらも高い賞賛を得たハンターの生き様は刺激的。
ただ、解説は読まなきゃよかったと思うくらいヒドイ。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28Cf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf6F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 4人

文学

玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ

玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

高校時代に戻された。 バカさも、生き苦しさも、感覚の変な鋭さも。 "傘の下だけがクリアだ放課後の無数の靴を追い抜いてゆく" "卓上の『カラマーゾフの兄弟』を試し読みして去ってゆく風" "冷えた印刷をうれしくにおうとき本屋に夏の入り口はある" 舞城王太郎の掌編も良い。 2019.4

約4時間前

D5863304 76d1 47fe a6fb 48f11f3b63d3F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a082e6041a 95ff 476e 923a e1444d3e5e15 22
どんまい

どんまい

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一人一人が人生の主人公であることを思い出させてくれた。 洋子のもと夫は許せないけれど。

1日前

3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
18禁日記

18禁日記

15f5969c 4782 4756 bc6f 516c04a8ddf5

i

好きなものを好きなだけ。

一人一人の日記やブログ、メール形式で物語が進んでいく為、短編小説のようで読みやすい。 日記形式の為空いてる行が多く、文字が少ないのもあるけれどテンポが非常に良くラストまでサラッと読めてしまう。 怖いわけでもグロテスクすぎるシーンがある訳でもないけれども、それぞれが狂気に捕われて崩壊していくので、後味は悪い。 が、個人的には好きです。 何気ない普通の生活から壊れていく為、出てくる登場人物の行動に昔そういえばこんなこともあったかも、なんて苦々しく思うところもある。 普通と狂気は紙一重、踏み越えるか踏み越えないかの違いなのかな、と思わせてくれる。

1日前

Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 13