51kqy2yghrl

コメント

これほど奇想天外な解剖医・外科医が実際していたとは。最期まで既存の枠に収まらず学界と社会を振り回しながらも高い賞賛を得たハンターの生き様は刺激的。
ただ、解説は読まなきゃよかったと思うくらいヒドイ。

その他のコメント

いやはや凄い人がいたもんだ、というのが率直な感想。医学がまだおまじないとどっこいどっこい、むしろ体に悪い~体液のバランスを直すと言って病人の血を抜いたりかん腸したり、悪いところはちょん切っちゃうだけ~の18世紀にあって人体や生物の構造を正しく理解し本当の治療を行うためには何が有効なのか、をひたむきに追求した男の生涯。人体のことを詳しく知るために数限りない解剖を行う。そのために墓泥防と結託して違法に死体を入手したり動物実験で生体解剖を行ったり...と負の側面はもちろんあるのだけどそれらを差し引いても医学の発展に尽くした主人公が今ひとつ世に知られていないのは粗野な物言いが嫌われたり、嫉妬されたために業績を消されたりネガティブ・キャンペーンを張られたりした結果だという。あとは弟子のジェンナーが成し遂げた「天然痘撲滅」みたいな大向こうを唸らせる発見がなかったからかな、とも思う。しかし人間のみならず動物や昆虫も解剖し生物は複雑さの差はあるものの基本的な構造は同じ、ということを発見し進化論の先駆けとなるような思想に行き着いたりアダムとイブは黒人であったに違いない(故に神も黒人だったはず)という人類発祥の学説にまで行き着いたり、と明らかに時代の先端を行き過ぎた感がある。また、妬みと嫉妬で結果として矮小な人間と歴史に名を残した人達の哀れさは...他山の石とすべきかな。非常に面白い作品でした。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28Cf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf6F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 4人

文学

家と庭と犬とねこ

家と庭と犬とねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

絵本作家としてのイメージが強く、勝手にふんわりした方なのかと思ってましたが、良い意味で裏切られました なんて芯のある強い女性なんだろうと思います 戦後すぐの、おそらく私には想像もつかないほどの大変な時代に、一人の女性が自分の意思を貫き生きていく様がなんとも明るく綴られてます 読んでいてとても心地よい一冊でした お気に入り女性作家さんに仲間入りです

約7時間前

7259fadc cc87 48dd ba43 5414c8ebc89dCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
洗えば使える泥名言

洗えば使える泥名言

0cc7542b cbc6 4d51 8f41 e187082e66da

ak

私にとって本は宇宙

やっぱり私は西原教の信者だよ。表だけじゃなく、裏も知ってるから深いんだよね。

1日前

カラフル

カラフル

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

大人になってからの児童小説。 非凡?平凡?普通? 普通って何? 普通じゃないって何? 疑問や葛藤は大きい人と書かれても続くもの。 いい本。 沢山のいい言葉が詰まっていて、寄り添ってくれる。 カラフル

5日前

D390ebd1 4828 493b 88b7 254a21b7170aE7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351Icon user placeholder 34