41hw%2bf75eal

コメント

解析学の基礎を実数体の公理から展開している。初学者には取っ付きにくいが、数学を本格的に学ぶのなら一度は読んでおきたい。

非常に論理構成が緻密で、この本を読む感覚はトランプでタワーを建てる時のそれに似ている。
演習も太刀打ち出来ないものが多く、どちらかというと実用的ではないが、通読する事で数学のかなり広い範囲を体系的に理解することができる。

読者

79b7d6b2 33f6 467d ab75 376593b5bf69Aead28e8 da8c 4286 a8ac 6a71d4d8ed5f1862c576 0133 4dbd 8ccd 93c80304b97bIcon user placeholder 4人

科学

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

新潮45での連載をまとめた作品。 短いエピソードが連なり、そのどれもがクスッと笑える小話のようなもの。興味深く珍しい鳥類の生態が細かく書かれている訳ではなく、この業界を面白おかしくサラリと話してくれる、そんな学術的エッセイ本。 いい意味で軟派なタッチ。堅苦しくない難しいお話が読みたい人向け。もちろん鳥は好きです。

4日前

9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e00970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a11729291 2c93 4694 ac86 f49145576c17 29
子どもと一緒に覚えたい 道草の名前

子どもと一緒に覚えたい 道草の名前

0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

美しい挿絵に、へぇーと唸ってしまうようなそれぞれの道草の特色や名前の由来などの文章が心地よく、子どもといっしょに探して遊びたくなります。植物の多様性やしたたかさに、読んでいて感心しっぱなしです。

7日前

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

以前、都会の片隅でカワセミを見かけた事があった。まさかそんなところにいるとは思わなかったので大変驚き、夢中で青く美しい姿を追った。 その後も時折思い返しては、カワセミ見たねぇと語り合う事もあるほど、貴重な体験だった。 そんな都会の神秘、カワセミはこんな風に紹介されていた。 「コバルトブルーの羽毛が美しい、渓流の宝石ことカワセミ。魚がいて、巣穴が作れる環境があれば、多少こぎたない川でも機嫌よく暮らしている鳥です。」 こぎたない…川…宝石が…ああ… ヒトにとって、最も身近な野生動物である野鳥。そのまさか!やそんな!に溢れた生態を垣間見れる本書で、これまで出会った鳥達を探してみるのもいいかもしれません。意外な姿を見つけられるかも…。

17日前

5dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4F79c76b7 00c1 4cf4 93c1 1fe977b6e3cd