51dhrc%2bcool

コメント

好きな人に撫でられるとなぜ心地良いのか?なんと、ちゃんとそれに対応する神経があるのだ。
そうした触れ合いから痛みに至るまで、皮膚の感覚、すなわち触覚に対する知見がまとまっている。神経科学者の筆者はときに真摯に、ときにエロ話を交えながら科学が解き明かしつつ触覚と脳、身体の反応を描く。見たり聞いたり味わったり、それらを遮断することはできても触覚は、それがなくなることは想像できないくらいに根源的な感覚だ。その分身体的にも根っこに位置しているからエロ話も出てくるんだろうけど元が好きなんでしょうこの先生は。
愛撫に反応する神経、また触覚をあらかじめ脳がコントロールしているなど、皮膚の細やかな機能はこんなにとんでもないのかと思わされる。
あと、触って心地いいのは秒速3〜10センチの速度だそうです。あんまり早くても遅くても嫌われてしまうのでご注意。

読者

E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368f7f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10de59b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579e3dc41be6 cfa7 4c0a be39 dadc2443cc401c25e23d 7c77 4391 84e2 4fa5ce770f5c5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f74dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8ad 20人

科学

416zzgs4jsl
32c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d0

mmmcy

M

「ピッチに音高名がくっついて聞こえてくるという話が本当だとすると、たとえばピアノの音を聞くと、それに音高名を発音している声が重なって聞こえてくるというのだろうか。それはどうも考えにくいことだ。」 発音している声、聞こえてしまいます…

9日前

514dfcmh9 l
0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

意識とは何か、心とは何か、それは古来から哲学者が語ってやまないテーマだったが、現在では心と脳はどう関係しているのかという問いになってきている。唯物的な意見もあるし、バークリ流の唯心的な見方もあるが、この本は、それらを、神経科学と哲学を統合する神経哲学という新たな学問で捉えようとする野心的な試みだ。障害や疾病などで正常でない状態の脳の特性やふるまいを手掛かりに脳がいかにして心を生み出しているのかを探る。あまりに新しく、難しくて半分も理解できたか疑わしいところもあるが、これまで脳科学で等閑視されてきた主観性を取り込みながら、自己のアイデンティティを司る部位の発見や世界と脳の「関係」が人格的同一性にもたらす決定的な影響などについては深く納得させられた。もちろんまだ解明されてないことも多く、推論でしかないところもあるから今後の進展をまちたいところ。 とはいえクオリアやいわゆるハードプロブレムも結果として解消(解決ではなく!)させられそうな勢いも感じる。そこは読み間違いがあるかもしれないけど。スタニスラス・ドゥアンヌの『意識と脳』も読み応えがあったが、それと比較して再読する必要がありそう。

19日前

A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee19a4edd1d 778e 48fe 9bb5 8202a6583d81
41ekwqh15al
3dcbdc7b 6a3a 4f28 9e9d 57e1addaf204

かしこ

長崎が大好きな、長崎出身・福岡在…

読むというか、何というか。暗記するわけでもないけれど目を通してみたかった。暇すぎて死ぬかもしれない時に。あと、羊を数えるよりも確実に早く眠気が来ます。

21日前

61 6ve01vcl
F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a

よりこ

本の虫って程では無いけど、 おも…

Richard Dawkinsや Jarvis Cockerなど、その道のプロが 可愛い質問に答える、素敵な本。 回答者の人選のセンスが素晴らしい。

21日前

9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb492bfeb0 8f45 401b a708 347648511754952ac0d7 7923 4442 a32c 8465a277f7bd