31pnta%2btbkl

コメント

なんとなく読んでみたら、笑えた、泣けた。自分と同じようなごめんなさいもあった。私も応募してみようかな。

読者

16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c30cc7542b cbc6 4d51 8f41 e187082e66da

文学

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

約1時間前

6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b15d87be5 7429 4862 b4af 898ad19af76dB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 22
館島

館島

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ。

約2時間前

2cbba6e1 aef8 479a a60b fd1a00f928e8469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3
現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0083 2018/12/11読了 現代語訳が分かりやすくて面白かった。 注釈も同じページに書いてあるのでよい。 お話自体は短いので読みやすい。 でもあっさり死んでしまってびっくり。 本編ももちろんだけど、解説も面白かった。女性の表現活動の歴史についても興味を持った。

約2時間前