Btn appstore Btn googleplay
61liuk5zvml

あなたは絶対にこの「結末」を予測できない! 新時代到来を告げる、驚愕の暗黒ミステリ。かつて祖母が暮らしていた村を訪ねた「私」。祖母は、同居していた曾祖父を... 続き

コメント

まさに驚きの結末。

五作の短編集で構成された物語で、主人公のココロの描写がリアル。

各物語とも、じわじわと精神的に追い込まれていく感じが、読んでいて一緒に辛くなる。

前半の伏線からの結末がヤバイ!

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder53d81d46 43ae 424d ba17 e2aa07027b248b26ec7a ffa0 49d3 8679 0e1a3a7ef88fIcon user placeholderIcon user placeholder9eda642f 7770 49eb beee 6c065a79ecdcIcon user placeholder 24人

芦沢央の本

悪いものが、来ませんように

悪いものが、来ませんように

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

‪幾重にも張り巡らされた周到な仕掛けが、最後の最後まで展開されて目が離せない。‬ ‪鞠絵の存在が目眩しでもあり、ヒントだったのかな。‬ ‪タイトルの意味を考えると切なくなりますね。‬

24日前

E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4eD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cIcon user placeholder 68
カインは言わなかった

カインは言わなかった

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

図書館メインで海外ミステリが好き…

芦沢央、初読 他の作品は知らないが好みではなかった ちょっと胸焼けする感じで気味が悪い 登場人物の心理も分かるようでわからん 殺しそうなほど追い詰められても、芸術なら成立するんかい! 最後のちょっといい話も要らん いっそ誉田が逮捕されたり、違う展開になって泥臭い話になった方が面白そう そうすると全体の雰囲気ぶち壊しなんだろうな… 話が綺麗すぎて架空の域を超えない所に、私は魅力を感じない

6か月前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Icon user placeholderF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc040