51t9k669pql

わたしは五十歳。体重百二キロ。猪首、短足、目は濁り、赤ら顔。郵便局員から作家に転職した、アル中男。そんなわたしのもとへ、女たちは次から次にやってくる。何た... 続き

コメント

ブコウスキー何冊かよんだけど、これが一番好きかな。ブコウスキーよんでるとトム・ウェイツの音楽がきこえてくるようなかんじする

作家になってこんなグータラな生活を送ってみたいね〜

読者

06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa67607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c49b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 3人

チャールズ・ブコウスキーの本

パルプ

パルプ

A9dafc52 68a2 4c6a 8aa2 359e5a166fdf

Jun Kobayashi

健康第一

1ページ目の最初の文章から、こんなに惹き付けられる本もなかなかない。著者も、そして訳者の柴田さんも、素晴らしすぎる。

約2年前

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a9191b441 6985 4741 9d53 1c8199ba332d5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 40
ワインの染みがついたノートからの断片 -未収録+未公開作品集-

ワインの染みがついたノートからの断片 -未収録+未公開作品集-

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

俺たちのブコウスキーが帰ってきたぜ! 死後にアメリカで編まれた未収録+未公開作品集。翻訳は中川五郎氏。 師と仰ぐジョン・ファンテとの作品の出会いから、序文を書いて復刊したあと、実際に晩年の彼に会って結んだ魂の交歓を書いた「師と出会う」は泣ける。。

約3年前

勝手に生きろ!

勝手に生きろ!

C89f089e 7342 4f46 ad44 98bff3554545

Yamanaka

いつも後で読む。

ブコウスキーが読みたくなる気分になることがある。主人公チナスキーは人生にうんざりしてる。でも、自分に絶望はしない。多分、しない。 「おれは天才だけど、そのことはおれしか知らないんだ」 「立ちなさいよ、バカね。飲物を持ってきて」

約4年前

4486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f0Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104fIcon user placeholder 10