Btn appstore Btn googleplay
514h7j5ne1l

「男と女の謎」を解き明かし、日本で200万部、全世界で600万部、42カ国でNo.1となった超ベストセラー待望の文庫化。最新データが入った改訂増補版。 続き

コメント

良書。妻にも読んでほしい。

その他のコメント

男性と女性の行動と思考の違いを解説。翻訳のジョークが滑りまくり。
ホルモンバランスと脳の発達が、性的な態度を決めることにも言及。

男女の思考や得意不得意は、そもそも生理学的な違いによるものだという話。
そもそもの違いがあるのに互いに同じ思考をしようとするよりは、思考が違うのだとお互いに分かっておくことで互いが自然に違いを認め合えるといいなと思う。

読者

E5711a8a 3cbd 47e4 8184 71844006f7d3417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c69928df29 c041 4c12 8ec6 7111504b556cBf4ef4f5 fe64 40ca a324 4fe5af004a01C369da62 a91c 48f0 81e9 d38ee893f278222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d30dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cb85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6 22人

人文

ロストブックス

ロストブックス

4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756

かずか

休日などに、まとめて読みます

未完の書、未発表の書の経緯。 原著では80人(無名作家1名含む)を掲載しているそう。 翻訳では25人を抜粋。 結末がわからないだけに、出来栄えへの期待と永遠に失われたことへの失望が際限なく続く。 未完のまま発表された書(例としてカフカの『審判』)でも、著者の本来の意向が知られて興味深い。エピソードとしては既に知っているものも多々あり。

1日前

世界哲学史1

世界哲学史1

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

最初は読むのが苦痛だった。 知らない専門用語に付箋を貼り、後で調べてまた読み直すの繰り返し。 用語と歴史を吸収してからは、広範囲な文化の哲学を掻い摘んで学ぶことが出来て、結局は読んで良かったと思えた。 ソクラテスとサンスクリット語とナーガセーナは、これから深堀したい。知りたい。 自分の学びたい哲学の方向性が分かった。

1日前

Bc446b85 7632 49ac 93d1 ad535b897d9608634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c