51b0gey159l

「読書とは他人にものを考えてもらうことである。1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。」-一流の文章家であり箴言警句の大家... 続き

コメント

読書は自身の思索を制限する。
外界から情報を得ずに思索せよ。

読書は他人の思考のトレースに過ぎないとのたまうショウペン君は膨大な数の読書をしたはずだという確信があるから今日もまたページをめくるのさ(*_*)

ドイツ語の本を和訳して書いた本なので、全体的に理解することが難しい表現が多かった。さらにショウペンハウエル自体、ドイツ人の作家に対して言いたいことを書いてることが多いように感じた。しかし、所々自分のためになるような箇所があった。まず、読書は思考を他人に委ねるということ。これは色々な本を読んでいると感じることである。読書をしている際に自分で思考することを放棄し、なるほどなで満足してしまうことが多い。次に、反復は研究の母なり。本というものは一度だけ読むのではなく何度も読むことによってより理解することが出来るというもの。

耳が痛くなるような事も多く書かれていましたが、それこそ「読書」の思うツボだと思うので、話半分で読みました。

自分で考え抜いた知識でなければ価値はない。
読書と学習は誰でも思うままに取りかかれるが、思索はそうはいかない。
他人から学んだだけにすぎない真理は義足のようなものだ。
読書で知恵を汲み取った人は、旅行案内書を読みその土地に精通した人のやうなものである。
他人の文体を模倣するのは仮面をつけるに等しい。
頭から紙に向かうのは容易であるが、逆に紙から頭へ向かうのは大変なことである。
なげやり調にものを書くのは、自分の思想にあまり価値をおいてないことを初めから告白するようなものである。
読書は他人にものを考えてもらうことである。
良書を読むための条件は悪書を読まぬことである。
そして肉体は肉体にあうものを同化する。

など、色々考えさせられる言葉が多く書かれていました。

P129 すなわち、紙に書かれた思想は一般に、砂に残った歩行者の足跡以上のものではないのである。歩行者のたどった道は見える。だが歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。

すごい怒ってるのが2016年まで届いてる

何度も勇気付けられた。ショウペンハウエルは「読書など日常茶飯事」だが「主観的関心の炎が燃え上がること」を主に据えている。「世界という書物を自ら読破せよ」。

私たちが私たちであるために欠かせない営みである、読書について。

他人にものを考えてもらったほうがいい人もいるんじゃない

良書を読むためには、悪書を読まぬこと。悪書かどうか知るには読まなければならない。

読書家がこの本読まずしてどうする

読書について、考えさせられます。
読書をすると自分で考える力を失う。。
みなさんはどう思いますか?

読者

Fe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35e760c3e9d 2898 4c03 8edf 52777bc136ecE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab3907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a12595334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193Icon user placeholder2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c18600d6d 10cd 4476 bcd4 4c1a3a8fe8af 38人

文庫

ハローサマー、グッドバイ

ハローサマー、グッドバイ

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

「おもしろくて読みやすくてかつ読んだら読書家ぶれる」と巷で噂のSF小説。 地球と似てるけど色々違う惑星が舞台。政府高官の息子である主人公が、夏の休暇を港町で過ごすべく旅支度をするところから物語が始まる。 ボートで転覆しかけたり、怪しい人物を追いかけたり、「少年と仲間たちの一夏の冒険」といった感じの物語が続くが、この作品の真骨頂は終盤から。 大きな秘密が明らかになり、主人公と恋人の間に立ちはだかる壁。果たして彼らに待ち受ける結末とは? 所々シビアな描写もあるけれど、読後感が良く圧倒された。 青春ものであり戦争ものでありSF、というのは確かに納得できる説明だ。 あと、主人公の成長っぷりが著しい。最初は子供じみた意地や不機嫌が目立つが、だんだんと知的で大人な対応ができるイケメンになっていく。末恐ろしい。

約6時間前

1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholder101ce732 b6c9 4d50 a0cf 6061026ffb10 19
マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

映画の予告を見て読みたくなりました。久しぶりの東野圭吾作品。冒頭から引き込む展開とテンポは流石ですね。エンタメ作品として、よく出来てます!

3日前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb 223
のぼうの城 上

のぼうの城 上

C904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1

Kazuhiro.H

野球、歴史小説、自己啓発本が好き…

途中まであんまりわからんかったけど、長親が戦うと宣言した後からおもしろくなった。下巻も読むぞ。

3日前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 12
野火

野火

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e

giorgio7

読書を楽しめるようになってきたの…

100頁くらいまで読みづらくて億劫でしたが、少しずつ慣れて、もう一度時間あるときに読み直したいなと思うようになりました。 戦争中のフィリピンの話。 隊からも見放され、肺も患い、それでも人を求めて野火の下へ歩こうとする。 いくつかの犯罪シーンに【ドキッ】とさせられました。 読み終わって感じたことは食べ残しはしないようにしよう。ということでした。 後半の空腹シーンが心に刺さりました。 食い物にこそ手を合わせましょ。。的な気分。

3日前

A56acdc5 1864 47cd 9023 eaf4a47fa302Icon user placeholder37cfbb8a 5f84 433b ac05 d34858202f78 19