51b0gey159l

「読書とは他人にものを考えてもらうことである。1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。」-一流の文章家であり箴言警句の大家... 続き

コメント

読書は自身の思索を制限する。
外界から情報を得ずに思索せよ。

思考することをやめてはいけない

読書は他人の思考のトレースに過ぎないとのたまうショウペン君は膨大な数の読書をしたはずだという確信があるから今日もまたページをめくるのさ(*_*)

ドイツ語の本を和訳して書いた本なので、全体的に理解することが難しい表現が多かった。さらにショウペンハウエル自体、ドイツ人の作家に対して言いたいことを書いてることが多いように感じた。しかし、所々自分のためになるような箇所があった。まず、読書は思考を他人に委ねるということ。これは色々な本を読んでいると感じることである。読書をしている際に自分で思考することを放棄し、なるほどなで満足してしまうことが多い。次に、反復は研究の母なり。本というものは一度だけ読むのではなく何度も読むことによってより理解することが出来るというもの。

耳が痛くなるような事も多く書かれていましたが、それこそ「読書」の思うツボだと思うので、話半分で読みました。

自分で考え抜いた知識でなければ価値はない。
読書と学習は誰でも思うままに取りかかれるが、思索はそうはいかない。
他人から学んだだけにすぎない真理は義足のようなものだ。
読書で知恵を汲み取った人は、旅行案内書を読みその土地に精通した人のやうなものである。
他人の文体を模倣するのは仮面をつけるに等しい。
頭から紙に向かうのは容易であるが、逆に紙から頭へ向かうのは大変なことである。
なげやり調にものを書くのは、自分の思想にあまり価値をおいてないことを初めから告白するようなものである。
読書は他人にものを考えてもらうことである。
良書を読むための条件は悪書を読まぬことである。
そして肉体は肉体にあうものを同化する。

など、色々考えさせられる言葉が多く書かれていました。

P129 すなわち、紙に書かれた思想は一般に、砂に残った歩行者の足跡以上のものではないのである。歩行者のたどった道は見える。だが歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。

何度も勇気付けられた。ショウペンハウエルは「読書など日常茶飯事」だが「主観的関心の炎が燃え上がること」を主に据えている。「世界という書物を自ら読破せよ」。

私たちが私たちであるために欠かせない営みである、読書について。

他人にものを考えてもらったほうがいい人もいるんじゃない

読書に対する警鐘。

良書を読むためには、悪書を読まぬこと。悪書かどうか知るには読まなければならない。

読書家がこの本読まずしてどうする

読書について、考えさせられます。
読書をすると自分で考える力を失う。。
みなさんはどう思いますか?

読者

Icon user placeholder2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c18600d6d 10cd 4476 bcd4 4c1a3a8fe8afIcon user placeholder799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c5671c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a06d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c33622e3d001c a13e 4b6c b522 8d3de646fe2f 33人

文庫

推理小説

推理小説

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

会社員、高校生、編集者…面識のない人々が相次いで惨殺された。事件をつなぐのは「アンフェアなのは、誰か」と書かれた本の栞のみ。そんな中、出版社に届けられた原稿には事件の詳細と殺人予告、そして「事件を防ぎたければ、この小説の続きを落札せよ」という要求が書かれていた…最注目作家、驚愕のデビュー作。

約1時間前

C2968a4e db20 45df 81b0 703c2e94ca3eIcon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e
地には平和を

地には平和を

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

昭和20年10月末の志賀山中、15歳の少年である河野康夫は、学徒で編成された本土防衛特別隊「黒桜隊」の少年兵として米軍の本土上陸作戦に抵抗する戦いの中にいたが、本隊よりはぐれ、1人山中をさまよっていた。そして絶望的な戦いの中で食糧を得るために米軍の弾薬集積地を襲うが、撃たれて瀕死の重傷を負う。最期を悟り、手榴弾で自決しようとするが、謎の人物に助けられた。彼は自らを「Tマン」と名乗り、「この歴史は間違っている。したがって本来の歴史に修正するのだ」と康夫に告げる。「日本人が全て悠久の大義に生きることのどこが間違っている」と反撥しなおも自殺を図る康夫だが、Tマンの言う「本来の歴史」が実際に起こり得ると悟って戦慄する。 やがて、本来の歴史に修正された戦後世界で、康夫は妻子と行楽に訪れた志賀高原で、黒い桜を象った見慣れぬエボナイト製の胸章を見つける。彼はそれを手にしたとき、「この世界」について何故かおぞましい腐臭を感じるのであった。 この作品は、8月15日の終戦を決めた御前会議でクーデターが発生し、主戦派が政権を奪取することで本土決戦が起こる「もう一つの歴史」を作ろうとした5000年後の世界から来た時間犯罪者と、それを阻止しようとした時間パトロールの物語である。

約1時間前

伊賀忍法帖

伊賀忍法帖

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

戦国擾乱の世。主君筋の御台、右京太夫に邪恋を抱いた梟雄・松永弾正は、幻術師・果心居士配下の根来鴉天狗に美女狩りを命じる。美女の愛液からなる強力な媚薬、“淫石”を作らせ、篭絡しようというのだ。その毒牙に掛かったのは、伊賀忍者・笛吹城太郎の妻、篝火。死してなお犯され、弾正の愛人と首をすげ替えられたと知った城太郎は復讐を誓い、一人苛烈な闘いを七鴉天狗に挑んでゆくが…。奇想極まる山風忍法帖の代表作。

約2時間前