511xjej0eel

-------------------------------------------------------- 本を読む人と、その生活。 このような36... 続き

コメント

学会準備及び書店廻り終了。帰宅路の新幹線にて「読書の日記」阿久津隆著NUMABOOKS、本の案内をしながら買ってしまうというよくわからないループ。いまは「八月の光」あたり、翌日仕事なのでアルコールはないがすこぶる好調。
と書いた半月前。現在進行形で気の向いたときにパラパラとめくる。
例えば本日7月8日の日記
「寝る前に酒を飲みながらウルフを読んでいたら『幸福』という気持ちになった。ウルフは相変わらずあれこれに一喜一憂していて、その様子を見ていたらというか、ただ読んでいたらなんでだかとても満たされた気持ちになって、同時に、『こんなに働いたらやっぱりダメだ。こういう時間をもっととれるようにならないといけない。明日店に行ったらまずは皮算用だ。Excelだ』と思った」P.831
思わずクスっと笑う至福の時間だ。

読者

Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholderB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0621a0f53 0d41 4ca0 a8ff 7bee4853844129464afb 595b 402c a513 a16191529b219b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 10人

文学

舞台

舞台

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

自意識が過剰でいつも自分を監視するように生きる葉太。読むこちらも苦しくなるけど、葉太みたいな人には楽になって欲しいと思う一方、彼みたいなひとがいるから、世界は最悪じゃないのかと。誰言われたわけではなく、自分の気持ちで景色が変わる、という西さんの言葉が良かった。2018.7

約15時間前

37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feIcon user placeholderDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 51
紅霞後宮物語 第八幕

紅霞後宮物語 第八幕

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

これで第一部が終了だそうです。 小玉の大切なひとたちが何人も亡くなり、文林の周りがだいぶ整理された感がある終わり方でした。 最後の最後に亡くなる彼女のことは、辛いですね。いろんな人がいなくなっていった中でもとりわけ。

約16時間前

きんじよ

きんじよ

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869

Shota Takai

文学、アート、技術関連を中心に本…

京都に住んだことがあって同じぐらいの子どもがいる自分にとってはすごいリアルで生活の感じと日々の喜びを自分のことのように感じられて京都に帰りたくなった

1日前