51qjfrbfbal

ノートを使って本の内容を確実に財産にする読書術。 続き

コメント

読書ノートの作り方というよりも、本をあまり読まない人向け。読書の仕方や読みたい本の探し方の参考にはなるのかな。
全てを一冊のノートにまとめるのはいいけれど、読み進めていってもそれならやっぱりパソコンスマホで管理したほうがいいのでは?と思った。便利さの面で。
書くことが好きなのでわたしも読書ノートは紙媒体で作ってますが。
第5章はよかった。色々真似したいな。

その他のコメント

他の方も書かれてるかもしれませんが、この本の主旨はアウトプット方式ですね。 主にこのやり方はビジネス書向けかもしれない。 ノートにアウトプット方式で、本から引用した文と、自分の感想を書いて、 最終的に感想文に纏めるといった感じ。 やる気を出すために筆記用具に拘るというのも共感したし。 この本の影響で尚更、電子書籍が欲しくなった。 因みに私はノートは分けて使いたい人です(笑)

奥野さんの著書2冊目。書いてある事は1冊目の「情報は〜」と同じ。全く同じ事を真似しなくても、ちょっとしたTipsも役に立つかな。

読者

92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559Akiaivjyeuyp25rambwa05ad0229 fb02 435f ab07 33f7dcae878d20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52044ac639a d107 4832 9c94 e1ed88cd106aIcon user placeholder6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Icon user placeholder 16人

奥野宣之の本

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

C6b4c1e4 2c88 4795 807a 8788710c3cc8

Yuji

活字嫌い

「とにかく書く」と言うのは他の手帳本と同じ。それだけ「とにかく書く」事が重要と言う事だと思う。そして書く事で頭の中から外に出し(アウトプット)頭の中に余裕を作る。 なんでも書くとノートが直ぐに終わり次のノートになるので「索引(さくいん)」作りが重要。これはパソコンで行う。ただ、これは今の時代、アプリを使いこなせばスマホでも出来そう。

3か月前

B81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbd9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd56e082a6 1fe9 4396 99d5 80370cdf3e44 11