51rovcndyhl

アパレル業界がかつてない不振にあえいでいる。オンワードホールディングス、ワールド、TSIホールディングス、三陽商会という業界を代表する大手アパレル4社の売... 続き

コメント

どこかで見たことのあるタイトルだが「誰が本を殺すのか」と同じで業界内ではよくぞ言ってくれた!という声とそれはちょっとハナシ盛り過ぎじゃないかとの疑問の声がありそうな気もするが業界外の人間なので現状抱える問題点と新しい流れを把握できると思いたい。「業界の内輪の論理」「人を使い捨て」は出版業界にも通じる。
『日経ビジネス2016年10月3日号特集「買いたい服がない』を大幅に加筆修正。

気になった点。
「アベノミクスが一定の成果を上げ、マクロ経済が比較的安定している中で」P3と述べているが「長引くデフレは消費者の財布のひもを固くし、所得格差も広がり続けている」P74といった矛盾した記述
(日経ビジネスの読者だから低所得者は無視?成果上がってないじゃん!)
「2017年3月20日、千葉市の中心部で長く地元に親しまれてきた三越千葉店が、33年の歴史に幕を下ろした」P52
33年は確かにそれなりの期間だし前身もあるから(それも含めると45年間)それにしたって84年開業の百貨店を長きにわたってと表現はちょっと無理かも。

前半は絶望アパレル業界といった態で、古い慣習、過去の成功体験に溺れ、負のスパイラルから抜け出せない旧勢力を描く。
後半では新勢力として、アパレル業界の外からの変革の波と、内からの改革の波を取り扱う。

タイトル程のインパクトはない印象で、特に後半はごくごく一部の成功例を、持ち上げすぎなのではないかと感じた。

読者

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1aeE8f95ab1 0d5e 451d 81da 37d90560a9d220f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Bed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4bB21e078a 60df 41c0 b454 11921cd1e74cF7ef76b6 7cf2 4ea4 9f8d 8331ebe991a2D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda4060729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835 17人

ビジネス

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

38948064 0dfd 4e08 a0fb 6451e2c77602

bibi

本が好き

★★★★☆美意識を鍛えた方が仕組みを現実的に変更する力を得ること、さらに個人の自己実現が増加するビジネス環境において、世界がワクワクするビジョンをプロダクトやサービスのキラーコンピテンシーに出来る事が良くわかった。 美意識の鍛え方ももう少し論じて欲しかった。そのため一点減点。 とにかく幅広い読書をしようと思った。

2日前

Icon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1667bfa82 5337 4a3d 888c f3ecd403dd6d 64
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

7e3232c9 65d3 4ece 9c17 91efc1d90cec

T H

会社を作る。芽を育ててる。

起業をしようとする人の持つ3つの人格「職人」「マネージャー」「起業家」について述べられている本。 分かりやすく経営の失敗点が上取り上げられている。 今の自分にとって、どの人格を形成しないといけないのか、勉強になりました。

3日前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56 12