61qixwqwitl

悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非推薦!?の錯乱必至メタ・ホラー・エンターテインメント! 〈モダン・ホラー... 続き

コメント

やっと出たドーキー・アーカイブ4冊目。刊行ペース遅すぎませんか?
でもその分?今回も秀逸。亡き夫が買ってくれたタイプライターが未亡人ライターに反旗を翻し…というホラーのメタ・パロディ。これがパソコンだとハローワールドってなもんなのかもしれないが時はワープロが出始めた80年代。
反旗を翻したタイプライターは勝手に主人公の悪夢を綴り出し、やがて書かれたものと現実が綯交ぜになって区別がつかなくなるという恐怖。
なによりも怖いのはこの入り組んだ構造を読者として読んでること。小説内では現実世界とタイプライターが描く世界は存在の階層が異なっているから登場人物は現実と区別がつかない悪夢に苛まれたりしつつも、書かれた世界と自分が立っている世界の隔絶を無意識的にわかっているはずだ。それに対し、読者はメタレベルな立ち位置にいるがために、却ってどっちがどっちなのかにわかには判断できなくなっていく。書かれていることがタイプライターの生み出す悪夢のように思えても、それを確実に知ることができなくなる。なんたって小説内ではどんなことだって起こりうるのだから!
原著はあのアーカムハウスから出ているが、何の因果か時代に埋もれてしまったらしい。著者による後日談も含めてサービス旺盛な一冊。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d50394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e 3人

文芸

永い言い訳

永い言い訳

8f8e22ae 8ee2 48ad 92e7 52fea7a79a7d

J

良い本を沢山出会いたいなぁ

なぜか最後に号泣してしまいました。 タイトルがすごく良いと思いました。 結局人生って短いだけに自分に対する 言い訳は長くなるものだと。

約7時間前

C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621 50
幹事のアッコちゃん

幹事のアッコちゃん

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/2/21読了 シリーズ三作目。四篇の短編全部にアッコさんががっつり出てくる贅沢さ。 「ランチのアッコちゃん」から続く、アッコさんと〝永遠の部下〟三智子のコンビが特に好きなので、メインではない登場の仕方であっても、四篇全てに三智子も出てくるのが地味に嬉しい。 そして、いつもながら出てくる食べ物がどれもこれも割と普通のメニューなんだけど、間違いなく美味しそうと思わされる描写がすごい。ポテトサラダとかおかゆとか自家製の梅干しとか焼きそばとか。 誰もが思い浮かべやすい普遍的なメニューなのに、アッコさんが選んで届ける料理は、どれも特別美味しそうなんだよなー。

約7時間前

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a 14