61qixwqwitl

悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非推薦!?の錯乱必至メタ・ホラー・エンターテインメント! 〈モダン・ホラー... 続き

コメント

やっと出たドーキー・アーカイブ4冊目。刊行ペース遅すぎませんか?
でもその分?今回も秀逸。亡き夫が買ってくれたタイプライターが未亡人ライターに反旗を翻し…というホラーのメタ・パロディ。これがパソコンだとハローワールドってなもんなのかもしれないが時はワープロが出始めた80年代。
反旗を翻したタイプライターは勝手に主人公の悪夢を綴り出し、やがて書かれたものと現実が綯交ぜになって区別がつかなくなるという恐怖。
なによりも怖いのはこの入り組んだ構造を読者として読んでること。小説内では現実世界とタイプライターが描く世界は存在の階層が異なっているから登場人物は現実と区別がつかない悪夢に苛まれたりしつつも、書かれた世界と自分が立っている世界の隔絶を無意識的にわかっているはずだ。それに対し、読者はメタレベルな立ち位置にいるがために、却ってどっちがどっちなのかにわかには判断できなくなっていく。書かれていることがタイプライターの生み出す悪夢のように思えても、それを確実に知ることができなくなる。なんたって小説内ではどんなことだって起こりうるのだから!
原著はあのアーカムハウスから出ているが、何の因果か時代に埋もれてしまったらしい。著者による後日談も含めてサービス旺盛な一冊。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d50394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e 3人

文芸

想像ラジオ

想像ラジオ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

急に命を奪われた人達の、最後のやりとり。 軽妙なDJ調のセリフのお陰で読み進めることが出来た。 常識の外にある小説なので、すべて正しく理解することは、難しい。ただ、リスナー(亡き人)が友人であったり、家族であったり、沢山の人々であることが、悲しくて……。 想像ラジオのリスナー達に悲壮感はあまり感じられません。読後は、ラジオから流れる音楽と共に最終ページを伏せました。

約20時間前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholder 14
華氏451度

華氏451度

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

本は禁制品とされ、権力者達の都合の良い映像と音楽が溢れる世界。そんな中でさえ人は、本との出会いによって人生を動かされる。自分で「考える」という事を思い出させてくれる。 現代、情報をただ受けとるばかりになって、考える時間を私達は忘れてはいないだろうか。情報の上っ面だけすくい取って、理解した気になってはいないだろうか。 本は窓だ、自分で開いて覗き込まないと真実は掴めない。そして自分で掴んだものは心に種を蒔く。 権力者が怖がる訳だ。

1日前

50dce812 dfa9 47c5 8cc7 2bf3d4c0921cEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8
億男

億男

1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa

Spica

育てる、に携わる毎日

川村さんの、死、恋愛、お金についての小説のうち、お金についての本。 今、自分のお金について考えてる時だったから、深く考えながら読んでしまった。 明日を、未来を生きようとするとき、 想像と勇気と、そして少しのお金があればいいんだ。 お金が目的ではなく、お金をうまく使って生きていくことが目的であることを忘れないようにしたいと思った。

1日前

F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholder956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69 64