51xlcp3cc7l

田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レーベルのCEO。彼らのたどる道が奇妙に交錯し、音楽産業が根底か... 続き

コメント

本書は、音楽というコンテンツを巡り、堅固に構築された(と思われていた)ビジネスシステムが、ある画期的な技術革新や自己顕示欲に駆られた「音楽泥棒」たちによる海賊版リーク戦争によって、短期間に崩壊していくさまを描いたドキュメンタリーだ。
そしてこのドキュメンタリーは、古いシステムが燃え落ちたあと、灰の中から新しいビジネスモデルが生まれる過程を描くものでもある。
章を分け、4つの観点から本書は描かれる。
1つ目は史上最大のリーク源となった大手レコード会社のCD工場で働く男性の。
2つ目は革新的な音響データ技術開発者たちの。
3つ目はある音楽エグゼクティブの。
最後に音楽泥棒たちを追うFBIなど捜査官たちの。
それぞれまったく接点もなく別々の方向を見ていた彼らの行動が、やがて音楽産業を巡る「今ここ」へと絡み合い、結びつく。
著者が5年に渡る綿密な調査と関係者へのインタビューによって明らかにしたその経過は、そこで生計を立てていた人には申し訳ないけれど、劇的でスリリングで、正直たまらなく面白い。

その他のコメント

スリリングなノンフィクション。引き金を引くことになってしまった3人(mp3開発者、レコード業界の超大物、ギーク)の視点で次々と話が切り替わる構成が、まるでギャング映画でボスと裏切り者と囮捜査官それぞれの思惑が交錯してやがて臨界点に達するあの感じ。面白い!

音楽産業のあり方に大きな影響を与えた、MP3の発明と海賊版ダウンロードの大流行について取材した本。
CDの10倍の圧縮率を実現したMP3の発明、ヒット曲を誰よりも早くリークすることを競う海賊コミュニティ、世界的ヒットを作り出す音楽メジャーのプロデューサーたち、3者の側からの語りをつなげて、フラットな視点から、出来事をひとつの物語のように書いている。
当時アーティストがレコード会社とどのように契約して、作ったCDが工場からどのようにネットに流出していたかが、非常に細かく書かれています。ラップやロックのヒットアルバムもたくさん出てくる。

読者

Cf93b76c efb9 41eb b06a db28b40f5b7d20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5209ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3B34b805e c7d1 4cba aefb 4555edb21904D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholderIcon user placeholderB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da 93人

ビジネス

外国人とのコミュニケーション

外国人とのコミュニケーション

272492b6 d6db 4ed6 aa02 37ab6d2d62aa

オオトモ

雑食

日本における「外国人」という存在についてのみならず、外国における「外国人」としての日本人についても言及されている。 真のグローバル化とは何かということを深く考えさせられた。

1日前

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである と、言われるものの、既存の要素を使える形に料理出来るようになるまでには、それなりの考え方の訓練が必要。 というわけで、発想法の基礎トレーニング集的なエッセンスが詰め込まれているのが本書。こちらは基礎編らしいので、もう少し整理が出来たら、その先にも進んでみるつもり。

4日前