Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51xlcp3cc7l

田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レーベルのCEO。彼らのたどる道が奇妙に交錯し、音楽産業が根底か... 続き

コメント

本書は、音楽というコンテンツを巡り、堅固に構築された(と思われていた)ビジネスシステムが、ある画期的な技術革新や自己顕示欲に駆られた「音楽泥棒」たちによる海賊版リーク戦争によって、短期間に崩壊していくさまを描いたドキュメンタリーだ。
そしてこのドキュメンタリーは、古いシステムが燃え落ちたあと、灰の中から新しいビジネスモデルが生まれる過程を描くものでもある。
章を分け、4つの観点から本書は描かれる。
1つ目は史上最大のリーク源となった大手レコード会社のCD工場で働く男性の。
2つ目は革新的な音響データ技術開発者たちの。
3つ目はある音楽エグゼクティブの。
最後に音楽泥棒たちを追うFBIなど捜査官たちの。
それぞれまったく接点もなく別々の方向を見ていた彼らの行動が、やがて音楽産業を巡る「今ここ」へと絡み合い、結びつく。
著者が5年に渡る綿密な調査と関係者へのインタビューによって明らかにしたその経過は、そこで生計を立てていた人には申し訳ないけれど、劇的でスリリングで、正直たまらなく面白い。

その他のコメント

スリリングなノンフィクション。引き金を引くことになってしまった3人(mp3開発者、レコード業界の超大物、ギーク)の視点で次々と話が切り替わる構成が、まるでギャング映画でボスと裏切り者と囮捜査官それぞれの思惑が交錯してやがて臨界点に達するあの感じ。面白い!

音楽産業のあり方に大きな影響を与えた、MP3の発明と海賊版ダウンロードの大流行について取材した本。
CDの10倍の圧縮率を実現したMP3の発明、ヒット曲を誰よりも早くリークすることを競う海賊コミュニティ、世界的ヒットを作り出す音楽メジャーのプロデューサーたち、3者の側からの語りをつなげて、フラットな視点から、出来事をひとつの物語のように書いている。
当時アーティストがレコード会社とどのように契約して、作ったCDが工場からどのようにネットに流出していたかが、非常に細かく書かれています。ラップやロックのヒットアルバムもたくさん出てくる。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da957b1de8 3a01 4ca1 bba5 1eacb9ce030873dc7afb 2da6 4107 b2bc 80ed5992c2a5E8712501 c020 4096 b020 92d2ed0fc81b4150dd7d 3475 440f b829 6a113ab9369136fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afa 88人

ビジネス

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

特化AI(囲碁など一つの分野に特化したAI)を超える汎用AI(様々な状況に応じて考えることができるAI)が登場すると、人類の9割が職を失う。だからこそ、ベーシックインカムが必要だ、といった内容。 人工知能が現在どれだけ進んでいて、今後どうなって行くかがわかりやすく書かれている。ベーシックインカムの必要性については論理的には分かるけど、どうも腑に落ちないところはあった。 AIだけでなく、産業や経済の勉強にもなった。

約10時間前

68846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d9884b7f078 1707 4d7a 873b 96898bbba57b79e49237 2c0c 4e1a abb5 f56e82e2db84 19
明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術

明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術

Icon user placeholder

Naoki Akasawa

ビジネスとライフスタイルに関するかなり基本的な事が書いてあります。初めて仕事と生活について考えるのであればお勧めできます。ビジネスとライフスタイルの基礎中の基礎が書いてあるのでたまに読み直すととても良いと思います。迷ったら読んでみても損はないかと。とにかく「休む事」が大切!これに尽きますね。

3日前

鬼速PDCA

鬼速PDCA

8de8bf8e 435d 45c1 9e9c a2a62585b705

パークン

面白い本が読みたい

どうやったらもっとアウトプットの質を上げられるるのかを知りたくて読んだ。 本書は非常に具体的であり、実践可能な「方法」を教えてくれる。 しかし筆者のかなりストイックな性格の上に成り立っているところも根底にあり、全部マネをしようとすると疲弊してしまうだろう。 実際ゆとりがなくなってもういいやってなりそうになった。 そうなるとビジネス書あるあるで、 「素晴らしいけど読んだだけ」になってしまう。 僕のようなP(計画的)D(実行)でふわっと終わりがちな人は、一部分をしっかりと取り入れて確実に実行するのが効果的だ。 逆にもう既にしっかりPDCAを回している人には、 かなり高いレベルの満足度が得られるとおもう。 ただ、仕事や勉強する上で、PDCAをしっかり回せば螺旋階段を登るのように生産性と効率が上がるのは間違いない。

3日前

06173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fBcd8afc1 aa95 497a b797 e2aea2e64885Icon user placeholder 19