41n%2bun8yxcl

コメント

簡易トイレ付き介護マットレス(だが売れない!)を自費で開発したアリスベッドの金井社長(はっとするほどの美貌と美脚の持ち主!)の開発秘話から、介護オムツの是非、在宅看取りと病院看取りなど、あらゆる方向から排泄について真っ正面から取り組んだルポルタージュ。

「排泄をどこでしたいか」という問いは、「どこで死にたいか」という問いに重なる。

内容はシビアだが、金井社長のチャーミングでパワフルな人柄に惹かれ、著者が本題へとぐいぐい引き込まれてゆく感じが面白い。
軽妙な筆致も深刻なテーマをやわらかくしていて読みやすい。

良ルポルタージュです。
(代官山蔦屋書店にて紹介)

読者

363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9

新刊

イノベーション・スキルセット

イノベーション・スキルセット

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9

ほんのむし

息をするように本を読む

ビジネス、テクノロジー、クリエイティブの三方に明るい、非常にバランスの取れたチームを作ればこれからの次代に適応できるのでは、という本。デザイナー、エンジニアは読んで損はない。特に若い人。 個人的には、自分が既に持ってるスペシャリスト的な詳しい領域を誰かに教えることで深めつつも、もうひとつプラスαで新しく学ぶことを継続的に行う、なんて仕組みがとても素敵だと思った。チームでやれば、自然と学びのサイクルが生まれる。 takramの方々ってむちゃくちゃクレバーだから頭の中ものすごいことになってそうなのに、本の言葉は丁寧に分かりやすく書かれてて。知性は優しさのためにあるのだ‥!と感じた一冊。じーん。

約6時間前

ブルーローズは眠らない

ブルーローズは眠らない

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会に入会を機に、読書魂に…

2019 9月 読了 前作より読みやすく、同等、又は少し上かな~ 雰囲気はそのままに面白かった。 遺伝子操作というまたも難しいジャンルが出てくる。専門家に言わせたら荒唐無稽だよと言われるとかもしれないが、こちとらは凡人なのでサラっと流します(笑) 現代で青いバラは完成されており、全く違う架空の話で楽しめたのは小説の醍醐味だ。 マリアと蓮の刑事コンビ、軍人ジョンが引き続き登場するのも楽しい。 こりゃ~3作目も読まなきゃ!

約15時間前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad410807a3b 2146 4705 817c b6e294801fb3Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09