51vmzcla4ql

仙台在住の著者が3.11を描く現代小説ある出来事がきっかけでピアノの音を聴くと「香り」を感じるという「共感覚」を獲得した調律師、鳴瀬の喪失と再生を描く連作短編。 続き

コメント

音という刺激を受けると、聴覚と嗅覚が同時にはたらく「嗅聴」という「共感覚」を持つピアノ調律師が主人公の短編集。

主人公は、ピアノの生音に対してだけこの感覚が発動するのだが、その感覚を利用して、ピアノにとどまらずその持ち主の問題までも「調律」していく。

七編中、五編目までは。
六編目で、大きな方向転換がある。
それが、2011年3月11日の「あの日」が、この物語をぎこちなく歪めてしまう。
七編目で、停滞した物語は再び動き出すのだが…。

熊谷達也さんは、仙台市在住とのこと。同じく仙台在住の伊坂幸太郎さんは、「あの日」のことを書かないと宣言している。熊谷達也さんは書くことで、自らの作品に亀裂が入ることもいとわなかった。どちらも、苦渋の決断の末に生まれた覚悟だろう。

読者

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb858Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f82438f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573 6人

熊谷達也の本

潮の音、空の青、海の詩

潮の音、空の青、海の詩

0bb05a08 a2b5 4e7c b6fd e5281ed9f3b4

あや

ヴィオラを弾いている東京の大学生…

仙河海サーガという、宮城県の仙河海を描いた小説シリーズの四作目だそうだが、私にとっては初の熊谷作品だった。 三章あるうちの第二章では、SFという形を以て近未来の被災地が描かれている。当然フィクションであるが、私にとってはルポを読むよりもメッセージ性が強く、読んでいて正直しんどかった。帯にもある通り、筆者の復興への思いが小説でしかできない方法で表現されていた。 後世に残されるべき一作だと思う。

3年前

モビィ・ドール

モビィ・ドール

2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd

さくらんぼパイ

ほっこりする本が好き。

海に生きる人達の話。シャチの現れた場面や捕食の場面などは、目の前で自分もそれを見ているかのようにその光景がありありと想像でき、迫力がもの凄いです。主人公の女性の過去、ダイバーの過去、2人の気持ちの変化、恋愛小説としても楽しめました。すぐに物語に引き込まれあっという間に読んでしまいました。

約4年前