51%2bb0qvegnl

コメント

フィールドワークの心構えをまとめた本。著者の安渓氏が若い頃に影響を受けたという宮本の『調査地被害ーされる側のさまざまな迷惑』が第一章に引用されています。地域調査は多くの場合、中央の権力が地域から文化を略奪する結果に終わる、ということが繰り返し説かれます。民俗学者らの「バカセ」だけでなく作家、写真家なども同罪だとされてます。他の職業でも同じようなことありそうだな。自分の場合だと症例報告書くときのためらいに近いと感じました。「おれたちをだしにして金をもうけるきか、博士さまになるきか!!」。心に留めておきます。

その他のコメント

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8Ff138645 3196 4753 9a7c 27f6820386e7Picture2db2f1f9 3e53 4fe5 ad20 c7cba115adae 4人

宮本常一の本

宮本常一と写真

宮本常一と写真

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

昔の日本人の瞳は貧しくても輝いていた、というような言説には疑いをもって接するようにしていますが、この本に収められた写真の中の人々の表情は確かに輝いています。撮影時期はほぼ1960年代。ほとんどの写真は明らかに同意を得た上で撮影されており、宮本常一と、被写体となった人々との関係性が人々の表情に反映されているのかなと感じました。山口県浮島や佐賀県呼子での、船上で過ごす子ども達の写真が特によいです。風土記と万葉集を鞄に入れて旅をするというスタイル、いつか出張の時に真似してみたいな。

2か月前

忘れられた日本人

忘れられた日本人

B4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6

youka

自由奔放・天真爛漫

常一さんのような「暮らし」を見つめる視点で、世界中を旅して歩くのがわたしの目標。

2年前

07acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65899cf344ec 9c29 416e ad23 9400af4682b007757703 d32a 48ec 9dc9 a05d13baee05 22