51ke3%2bnodbl

コメント

すごい役に立つってわけじゃないけど読み物としておもしろかった。視点の違い、大げさに言うと価値観の違いがあるっていうのを実感する内容。

その他のコメント

有名な思考課題からスタートして、いくつかの課題と向き合い、考える。
正解のある数学的思考課題、正解のない課題を通して、思考力を鍛えるだけではなく、自分の倫理観と向き合う必要がある課題もあって、「自分」を掘り下げるきっかけにもなりそう。

実際の確率と人間の直感ってこんなに一致しないケースがあるものなんだ、っていう驚きがあった。
普段直感で確率を見積もったり予想を立てたりして行動するのは誰もがしてることだと思うけど、実は結構バイアスがかかっていて、それは本人が思うほど合理的な選択ではないのかもしれない、ってことは言えそう。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7372fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febB0d814ce 0f50 4c1d 9bc9 908549357563Icon user placeholder 48人

ビジネス

シンプルに考える

シンプルに考える

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

旅先の書棚にありました。 朝早く起きてしまい、眠いけれど、でも何かを読みたい。心の声に従いました。 大切だと思ったエッセンスです。 ✴︎自分の感性で生きる →意志があるから、「これだけは外せない」という心の核が生まれる。それは動き出すパワーになります。 ✴︎「そもそも、これは何なのか?」という問いを立てる →いくら表面的に見ても、本質を捉えていなければ、価値は生まれない。掘り下げることの大切さに気づきました。 ✴︎「成功」は捨て続ける →人間は弱いから、「成功」に満足してしまう。あえて厳しい道を選ぶことで、成長できる。 ✴︎スピードを阻むものは全て捨てる →つい、「あれもこれも大事」と沢山のことに手を出してしまいます。 しかし、本質を捉えて集中することが、最も価値を生み出します。 その為に、余計なことを捨てる選択があります。

約15時間前

Ffae7eac 1db9 478b a6f9 ecddd9dc33b892657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eIcon user placeholder 48
このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

Icon user placeholder

みやのり

吸収読書!

・すべての仕事にはライフサイクルがあり、生まれては消えていく(誰かが始めて、儲かることがわかるとどんどん同じ仕事をする人が増え、誰でも模倣できるように汎用化され、人が担わなくてもよい状態になる、機能は残るが) 何度も読みたい本 印象レベル★★★★★

1日前

5b7bf3d2 16d1 44e0 9012 c31318f9357c74a465c1 517b 4714 ae52 8a82c320969e14ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aecc
博報堂スタイル

博報堂スタイル

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531

Yoshi Yasumoto

本を読むこと、勉強する事に逃げて…

企画の仕事をする上での心構えをいっぱい教えてくれます。これらの内容をしっかり教えてくれる先輩がいたら幸せだなと思います。 自らのスタイルを作る。そのために、近道を求めない。直線を歩かない。 古本屋さんで、ふと目に留まって読んだ本ですが、よいヒントをいっぱいもらいました。

1日前

148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdbF4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b0
自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

「生産性を上げる」というと息苦しくなる人もいるかもしれないが、のんびり自分のペースで暮らすための生産性向上を題材にした本なので多くの人に刺さる内容だと思う。時間をあらかじめ制限したり半年以上先の休暇の予定を押さえておくのは大切だよなと改めて思ったし実践していきたい。

1日前

Icon user placeholderIcon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 27