51xxsy304ql

古代中国の大古典「四書」のひとつで、孔子とその弟子たちの言行を集録したもの。人間として守るべきまた行うべき、しごく当り前のことが簡潔な言葉で記されている。... 続き

コメント

様々な自己啓発本が出回っていますよね。考え方を変えてみよう!みたいにうたってるものが多いですが、当たり前ですけど体型を変えるのと同じように、考え型を変えるのにも努力が必要です。
自分の価値観を変えることは骨が折れます。努力しないと読んだところでなんにも変わりません。
一方、論語に書いてあることがらの中には、ごく当たり前のことなのに、多くの人ができていないことが多くあります。出来ていないことすらも気付いていないかもしれませんが。
つまり意識改革というよりは、意識の中に既にあるものを掬い上げて正しい位置に戻してくれるような感覚になります。ほら、知ってたくせに。って諭されてるような感覚。

多分、私は前世で論語を習ってたな。と思うくらいに。笑
それくらい自然と府に堕ちるものでした。
私的に、安易に自己啓発本読むくらいなら論語読むことを薦めたい。

孔子の言葉を借りますね。
「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」

ー朝、人としての大切な道を知ることができるなら、夕方死んでも悔いはないー

人の道とはなんなのかを晩年考えた孔子の言葉に、是非一度触れてみて欲しいです。

その他のコメント

ひさしぶりに。読むたび、ペンの色を変え気になった箇所に線を引いてる。歳取るごとに頷ける言葉は変わってく。一方で滑稽味を覚える箇所はいつになっても変わらない。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholderD2ea44d6 7611 4a34 8670 0563cf87ab82Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f013c056d 6720 407f 9dc5 ceda2de74aa4 23人

文庫

すべて真夜中の恋人たち

すべて真夜中の恋人たち

2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf

__ppp

読んだ本と好きなフレーズ

「なんで入江くんにこんな話できたのかっていうとね」と典子は言った。「それは、入江くんがもうわたしの人生の登場人物じゃないからなんだよ」

約10時間前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 151
友罪

友罪

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

この作品は、登場する主要キャラのほとんどが暗い過去を背負って生きています。かつての犯罪者とその友達だけの関係に触れているのではなく、様々な人の立場にたって物語が進んでいきます。最後の雑誌の寄稿の場面は、本当に大きな決断を下したと思いますし、何よりやるせない気分になります。社会の眼差しと個人的な感情の間に揺れる益田くんに、何か言葉をかけてあげたくなる作品でした。

約18時間前

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fD185318e 50c9 4d7d 9f9d 97bc12d79a704ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8 24