51b5rcp9bsl

コメント

ソマリアというと海賊に泥沼の内戦、というイメージだが実は三国志じゃないけど大きく三つに分かれており、上からソマリランド、プントランド、ソマリアと名乗っているのだとか。ご多聞に漏れず氏族のくくりで分かれているのだけどもそのうちのソマリランドが実は内戦も無く民主主義が機能し曲がりなりにも平和を維持しているのだという。
そこに興味を持って現地に飛んだ作者のルポタージュは必要以上に硬く無く〜一緒に麻薬をやったりする〜読みやすく分かりやすい。
しかし内戦真っ只中の旧首都モガディシオやら海賊国家にまで行くバイタリティには感心する。いや、面白かった!

【クスッとシンケン】
帯にはこうある。
「西欧民主主義、敗れたり!!」
人間や男女の倫理観の問題はあるにしても、学ぶべきところは山ほどあるのではと。
著者も言うように、ここまで詳細が謎になっていたのは、氏族の問題と、恐れず言うと、死の消費の方が好ましいメディアにとっては平和の詳細情報はなかなか流れにくいせいもあるのかな。

それよりも高野さんの文章は清々しく頭の中に入ってきますね。
他の著書はまだ「世にも奇妙なマラソン大会」等くらいしか読んでいないのだけれど…。

とりあえずカートをムシャムシャしたくなりました。

高野秀行さんのノンフィクション『謎の独立国家ソマリランド』を読んだ。ソマリランドは海賊討伐と治安維持で国連軍が派遣されているソマリアの一部で、世界で最も危険な国のひとつだと言われている。でも高野さんの書くソマリランドはとても魅力的で平和な国で、一度訪れてみたいとさえ思ってしまう。

とても希少価値のある本だと思います。ソマリア(ここではソマリランド)について書いているこのレベルの厚さの本はなかなかないと思います。

しかも相当内部に入り込んで見ているので、面白い。
しかも面白ければいいという感じではなく、こちらが疑問に思うこと(例えば海賊の実態とか)にもしっかりと切り込むので、
ちゃんとソマリアのことがわかった気分になる。

面白いしためになる。しかもそのレベルが相当に高い。著者の他の本も読みたくなること請け合いの本です。

ソマリ人はカートと呼ばれる覚醒植物を噛みながら、あーだこーだと話し合うカート宴会を毎日行っている。筆者はソマリランドに潜入し、カートを噛みながらいつものように現地人と交流し、その国の実態をおもしろおかしく調査していく。

この本はかなりぶ厚い本で、全くもって持ち運びに適してない。だが、非常に先が気になって何度も持ち運んでは、やっぱり重くて後悔するということを平気で繰り返してしまうという、まさにカートのような依存性のある本。

著者さん独特の例え方など、端々にクスッとする要素あり。が、活字慣れしていない私は歴史背景などの難しめの説明で挫折しました_(┐「ε:)_

読者

F7ecef65 b66b 44bd 801e be366b58310dIcon user placeholderFcd3efbb 1349 4bc1 9088 b0124fef91ae9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779Ea17ea14 9ba2 44ae 9d91 018ccac374e579944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e2354824a1cb48 1125 4abb 94b1 a36b7246dc1c 18人

高野秀行の本

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦

76440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0

ばっとうさい

色々なジャンルの本を読みたいです…

こんな読書会をしてみたい!そう思わせる、ワクワク感に満ちている。 専門分野の全く異なる二人が「辺境」という点で話が弾む。 ここに示された本は、読んでみたい!と思わせる。 実際に『ギケイキ』や清水氏の『喧嘩両成敗の誕生』を読んだ。

10か月前

E209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8 24
間違う力

間違う力

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c

toko

最近読書量が落ちてるのが悩み

エンタメノンフ作家はいかにして出来上がったのか。面白いです。

約1年前