511jljp727l

佐世保の小学校で小6女児が仲の良い同級生に殺害された痛ましい事件から10年。被害者家族は、どう精神のバランスをとり生きてきたのか。子どもの心がわからない全... 続き

コメント

加害者や加害者の家族はやり直しができる。でも被害者の家族はやり直しができない。なぜなら被害者がもうこの世にはいないから。

被害者の兄の言葉は光でもあり消えることのない闇を表しているように感じた。

被害者の兄の言葉が、深く胸に刺さった。
誰よりも家族を想い、だからこそ人前で苦しむことも、感情を露わにすることもできなかった兄。それでも何年も何年も悩み、考え続けた今、彼が思うこと。それは人間にとっての希望かもしれない。
この本を読んでよかった。

佐世保小6同級生殺害事件。今月頭であの事件から12年目。一気に読んだ。子どもの頃自分が生きてた世界のことを思い出して、大人には理解しがたいだろうなと思い、自分が大人になったことを実感した。ひたすらやるせない。

被害者加害者両方の父親の苦悩に加えて、微妙な位置に苦しめられ続ける被害者兄のことばがせつない。

人の心はわからないともがき苦しみながら、それでも、生きていかなきゃいけない。被害者、加害者両家族の姿勢からそう思う。

さわや書店さんオススメの一冊でした。
ノンフィクション作品は多くの方に読んで頂きたいです。

読者

1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c016efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837636e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2dE9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d8372d7c44a2 9689 4d28 ada7 3b4de57c1ae4093eea17 5e31 4055 8afd 77cfafd1a30d470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f 9人

社会

台湾とは何か

台湾とは何か

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

建築設計事務所勤務

先日台湾へ行き、若い人達による様々な活動が印象的な場面が多かったです。 日本において政治的にタブー視されたことは長年の思考停止を生み、台湾についての色々な誤解がある事自体を、僕らが認識出来ていないこと。そしてこの本を読んで、台湾自体にもタブー視はあり、そこから抜け出してまだ浅いのだと知りました。 台北や高雄だけでなく、周辺の様々な地域が注目され、地方でこだわった店舗や民宿などを経営する若い人達の活動があります。これからの台湾は、ますます面白くなって行くのだと思いました。

3日前

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b145520d9 ce7e 4cb7 be9e 47388ee0906c