511jljp727l

佐世保の小学校で小6女児が仲の良い同級生に殺害された痛ましい事件から10年。被害者家族は、どう精神のバランスをとり生きてきたのか。子どもの心がわからない全... 続き

コメント

さわや書店さんオススメの一冊でした。
ノンフィクション作品は多くの方に読んで頂きたいです。

その他のコメント

加害者や加害者の家族はやり直しができる。でも被害者の家族はやり直しができない。なぜなら被害者がもうこの世にはいないから。

被害者の兄の言葉は光でもあり消えることのない闇を表しているように感じた。

被害者の兄の言葉が、深く胸に刺さった。
誰よりも家族を想い、だからこそ人前で苦しむことも、感情を露わにすることもできなかった兄。それでも何年も何年も悩み、考え続けた今、彼が思うこと。それは人間にとっての希望かもしれない。
この本を読んでよかった。

読者

1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c016efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837636e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2dE9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d8372d7c44a2 9689 4d28 ada7 3b4de57c1ae4093eea17 5e31 4055 8afd 77cfafd1a30d470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f 9人

社会

こんな日本でよかったね―構造主義的日本論

こんな日本でよかったね―構造主義的日本論

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

構造主義的日本ってなんだ?結局、内田センセイが言いたいことは、世の中よく分からないことがあり過ぎるからよく分からないことをなんとか解釈したい、ということかしら。でも、こんな日本で本当に良かったのか?だって富士山が逆さまになっちゃってるぞ。

3日前

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7

さるとびさすけ

元パート書店員

自殺という重いテーマについての本にもかかわらず、まるで、こんまりさんのときめきの片付け法の本を読んだような希望に満ちた読後感でした。 自殺希少地域だけでなく、自殺が多い地域にも足を運び研究 されています。 同じ徳島県でも、希少地域の海部町と自殺の多いA町では人の様子に違いがあり、驚きました。 「あんた、うつになっとんとちがうん」 「ほないなこと、言うてもええんじゃねえ」 徳島の住民の方の方言に、ほっこりします。

4日前

7e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a51C045a5fe 0c06 4266 8013 48f0506756e7276db534 1c89 428a 9498 4d785d43e9e8