51wrhyftwrl

妻との北海道旅行の帰り、十津川警部は、札幌駅で大阪行「トワイライト・エクスプレス」を待っていた。そのとき、偶然、十津川は、かつて自分が逮捕した男を見かけ、... 続き

コメント

最近時間を作れなくて中々読書が進みません。

今回は西村先生です。定価が480円になってますけど、安いですね。時代を感じます。

さて、紹介兼感想をば。

珍しく休暇を楽しみ、北海道旅行に行った十津川警部。帰りは飛行機の筈だったが、妻の要望により寝台特急のトワイライト・エクスプレスに乗ることになった。

のんびりと豪華寝台特急での旅を満喫するのかと思われたが、電車を待つ駅のホームで、自分が過去に逮捕した男を見かけ、なにやら嫌な予感を覚える。

その予感は的中し、豪華特急でちょっとした騒ぎが始まってしまい-

あらすじはこんなもんです。

トワイライト・エクスプレス内のの描写がリアルで、自分が乗ったような気分になれます。流石は西村氏。事件が始まるまでは、じっくりと寝台特急の雰囲気を感じさせてくれます。

事件の内容のほうは、あまり言ってもネタバレになってしまうのであれですが、じわじわと少しずつあれな感じであれです。

ミステリは感想難しいです。

とりあえずまとめてみると、安心して楽しめる西村ワールドでした。以上。

2016/04/23 読了

読者

Cb2d1c51 6421 457f 85e6 4fd1b3bf88b4

西村京太郎の本

十津川警部 幻想の信州上田

十津川警部 幻想の信州上田

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

上田で真田で六文銭だから、思わず買ってしまったのですが、すごく衝撃を受けました。私の知っている小説とは、違う。設計図か、指示書か、ト書きか。テレビドラマ、ありき、なのか。足で稼ぐ刑事ドラマ。きっと映像になれば名所を織り込んで綺麗な画が撮れるんだろう。

9か月前

終着駅殺人事件

終着駅殺人事件

7b7ae778 cd63 49c8 8963 dfefbabd43b1

サチ

日本文化大好きな香港人

初めて読んだ西村京太郎のしかもミリオンセラー作品。十津川警部がどんな推理をしてくれるか期待してます。

約4年前