51aelvcpk2l

国道沿いのラブホテルのネオンだけが夜を照らす村を、自転車で爆走する高校生の田上。ある晩ラブホ帰りの同級生、野口と遭遇した。足が不自由な彼女は“復讐”のため... 続き

コメント

連作短編。「僕の災い」「ふるさとの春はいつも少し遅い」が良かった。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 4人

文芸

混合男児

混合男児

067ab35b 9be3 48cf 9f58 f3a8dcbd26c5

タムちん

こんにちは

他のレビューにもありましたが、とりあえず内容が薄くて展開も主人公の都合よく進むから途中で白けてくる。最後もなんだかなー。

約3時間前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約8時間前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a75bd7e9de 9f8f 447a 8879 47ecae8ab48339a5c57b 21e2 4ea5 919b 7cb7bdcbf9e3
理由

理由

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

信子の、石田さんと対面したときの描写が、もうなんともリアリティー。ここまで目の前で描けるとなると、文学の領域の広さに驚く。 相変わらず、現代社会の闇を描いた傑作。

約19時間前

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Icon user placeholder 9