51aelvcpk2l

国道沿いのラブホテルのネオンだけが夜を照らす村を、自転車で爆走する高校生の田上。ある晩ラブホ帰りの同級生、野口と遭遇した。足が不自由な彼女は“復讐”のため... 続き

コメント

連作短編。「僕の災い」「ふるさとの春はいつも少し遅い」が良かった。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 4人

文芸

想像ラジオ

想像ラジオ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

急に命を奪われた人達の、最後のやりとり。 軽妙なDJ調のセリフのお陰で読み進めることが出来た。 常識の外にある小説なので、すべて正しく理解することは、難しい。ただ、リスナー(亡き人)が友人であったり、家族であったり、沢山の人々であることが、悲しくて……。 想像ラジオのリスナー達に悲壮感はあまり感じられません。読後は、ラジオから流れる音楽と共に最終ページを伏せました。

1日前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholder 14