41%2b1mrw gwl

ダリ専門美術商兼詐欺師だった著者が明かす、画家サルバドール・ダリの波乱万丈の生涯。欲望と狂気とスキャンダル渦巻く美術界を描いた驚愕のノンフィクション。 続き

コメント

ノンフィクションと書いてあるけど、本当にノンフィクションなのかと疑わしくなるところもあります。ダリのドキュメンタリーや知っている情報とはかけ離れたダリの姿で驚きはありました。
ダリは美術界から金を摂取し続け自分の絵の金融資産価値が急騰するのをみたいためだと公言してたそうなのですが、それも一種のアイロニーだと思いますし、変態で金の亡者みたいな扱い方をこの本ではしていて、少しそれは違うかなと思いました。
確かにお金遣いは荒かったかもしれませんし、性倒錯者だったそうですが、あくまで個人の意見ですが奇人ではないんじゃないかと思います。

本の内容としては
ダリのニセモノを売っていた著者の男が主人公です。
ダリは歴史上最も贋作が多い画家でその贋作作りのほとんどにダリ本人が関わりその事実を隠そうとしませんでした。アシスタントに描かせたものにサインだけしたり、アシスタントがサインしたものなど、殆ど出回ってる作品が贋作ということになります。
ダリの作品を金のために得ようとする人達は、偽物を本物だと言ったりして儲けていました。

サインしている本人が承諾しているのだから贋作ではない?のかもしれないとも考えられます。

読者

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

アート

図説 浮世絵入門

図説 浮世絵入門

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0120 2019/06/12読了 入門なので、ほんとにわかりやすい。 とっつきやすい。 この本で基本をおさえて、名前を覚えてどんどん深めていきたい。

5日前

世界 幻想とファンタジーの情景

世界 幻想とファンタジーの情景

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

実在するものとは思えぬ、映画かアニメのシーンを集めたかのような本でした。しかもほとんどが、全く聞いたことのない場所で、世界にはまだまだ穴場が多いのだなあと思うばかりです。秘境だった(と思われる)ウユニ塩湖のように、10年〜20年後には、この本に掲載の数箇所はメジャーになって多くの人に直接観てもらいたいなあ、という思いと、このまま世界の秘境でいてほしい、という思いが混在してます。 とりあえずアイスランドには、行ってみたくなります。

22日前

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b66808a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de56f1a9cc 4b48 48f7 b4f8 73ef04ab4755 11
マルセル・デュシャンとは何か

マルセル・デュシャンとは何か

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

『《大ガラス》がウェットなのは、作品をただ鑑賞するだけでなく、デュシャンの思考を探索すればするほど、より「深く」理解できるような仕組みになっているからである。この「深み」にハマる楽しみがたまらないと感じる人も多くいたのだ。』 長い引用ですが。

約1か月前