51zncvkhiel

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリ... 続き

コメント

子供を殺した未成年の犯人が弁護士になる事はありえるのか?事実ならそれはそれで怖い。サスペンスを軸にした法廷劇は、見応えがあるが「御子柴」がどんな生き方をしても私は許せない。御子柴は、自分の人生で償う、許される事は無いとしても。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

中山七里の本

連続殺人鬼カエル男ふたたび

連続殺人鬼カエル男ふたたび

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0

Bighead

趣味:読書、バス釣り

渡瀬警部相変わらずシブいねぇ〜 殺人方法、表現がエグい。好きだけど・・・ 御子柴礼司の登場もありで面白かったです。有働さゆりの件はうやむやで終了ということは続くのか?

12日前

Icon user placeholderC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb
ワルツを踊ろう

ワルツを踊ろう

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

話が読めてきて「ああぁぁ」って項垂れてしまいました。でも、ラストシーンの数々は心の隅でチョコっとスッとしてしまった。。。一番嫌な人は誰なの?一番悪い人はだれなの?こんな村大嫌いだぁ!

5か月前

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beIcon user placeholder 12