61d3hbd54fl

1935年夏、13歳の少女ブライオニー・タリスは休暇で帰省してくる兄とその友人を自作の劇で迎えるべく、奮闘努力を続けていた。娘の姿を微笑ましく見守る母、一... 続き

コメント

物語の存在意義を問う、物語。敬愛してます。

読者

F8691eed db21 42e5 a930 fe7d30b53c8a11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032

イアン・マキューアンの本

憂鬱な10か月

憂鬱な10か月

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

我輩は胎児である。徹頭徹尾、母の胎内に蟠る胎児が延々とモノローグを語るさまは只者ではない。ソムリエみたいにワインの味わいをくどくどと評価し(飲んだこともいくせに)、世界情勢を気にかける。それもそのはず、なんと今時の胎児は母親が聞くポッドキャストやテレビから知識を吸収しているのだそうだ。IT化恐るべし。 しかしこの胎児は生まれる前からとんでもなく大変な目に遭っている。零落しつつあるとはいえ英国、極東の独裁国家ではなくなんとかヨーロッパに生まれ出ることまでは良かったものの、しがない詩人の父はすでに捨てられ、その弟との不倫に耽る母は胎児に気を使いつつも酒が止められない有様(そして臍の緒を通ってくる血流で胎児くんはワインを味わう)。 そんな中で父を亡き者にしようとする陰謀が。果たして胎児くんの運命やいかに。 黒々としたユーモアがイギリスらしいけれど、どうもそれだけではなくてこの小説はハムレットの本歌取りらしい。それを知ってるだけでも楽しさは倍増したかもしれない。

7か月前

Icon user placeholderDb6ddb77 61da 4ee3 ae6a ff19cc0a810fIcon user placeholder 12
初夜

初夜

4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756

かずか

休日などに、まとめて読みます

何も起こらなかった2人の話。 後悔するほどではないが、あの時話していれば、行動していれば、今どうなっていただろうという思いが文章で描かれていると思う。

11か月前

C1663f03 d5c4 43e3 8f30 daf21efd56b9F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Icon user placeholder